Main Menu

人から人へ、手から手へ

『バナナと日本人』その後 -私たちはいかにバナナと向き合うのか?

ネグロス東州バイス 生産者私たち日本人が日常的に消費している多くの食料が海外で生産されています。海外の産地と私たちの食卓がどうつながっているか、バナナを通じて追求した鶴見良行著『バナナと日本人』が世に出てから30余年となります。バナナ農園で働く労働者の人権や健康、産地の環境を傷付けながら、多国籍企業によって日本市場で安く流通しているフィリピン産バナナの実態を調査しまとめられた労作です。

一方、日本の消費者がフィリピンの小規模農民の自立を応援し、安全・安心なバナナを手にできる仕組みとしてバランゴンバナナの民衆交易が始まって25年。

今、状況はどうなっているのでしょうか。(株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)とNPO法人APLA(あぷら)は3年間の予定でフィリピンバナナの調査を始めます。2月に実施するミンダナオ島での予備調査結果をもとに、現在のバナナの生産から流通・消費までの全体像はどう描けるのか、また、家族農業の視点からバランゴンバナナの民衆交易の意義を考えるセミナーを開催します。

バナナを通じて私たちにできることは何か、皆で考えたいと思います。是非ご参加ください。

報告者プロフィール
市橋秀夫さん

埼玉大学教養学部教員、専門はイギリス近現代社会史研究。イギリスのフェアトレード文献の翻訳や、その歴史的変遷の調査などを行なう。2009年以降、バランゴンバナナ生産者の調査に断続的に関わっている。

関根佳恵さん

立教大学経済学部教員、専門は農業経済学。バナナ・ビジネス大手の多国籍企業ドール社の事業について調査・研究を行う。2013年に国連世界食料保障委員会の専門家ハイレベル・パネルに参加し、報告書『食料保障のための小規模農業への投資』を分担執筆。

2014年3月16日(日)14:00~17:00 (開場:13:30)
参加費:600円(資料代)
【会場】 立教大学池袋キャンパス8号館2階 8201教室

セミナーの感想・意見などのアンケートフォームはこちらです。セミナー参加アンケート

7,776 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ