Main Menu

人から人へ、手から手へ

世界のオルタナティブ

東ティモールの人びと
 今、世界で大きな問題が起きています。生態系の破壊、気候変動が大きくなり、これまでの世界の豊かさが次の世代に残せるか、不安が高まっています。さらに、食の安全が脅かされ、さまざまな健康被害が報告されています。この変化を生み出している原因の大きな源に企業的大規模農業経営と化学企業によって作られた農業モデルの世界化があります。

 第2次世界大戦以降、大きなバイオ化学企業が化学肥料、農薬、さらには遺伝子組み換え技術を作り出し、世界の農業のあり方と社会を大きく変えていきました。日本でもバイオテク技術を生かした「競争できる農業」がニュースになります。しかし、そうした農業がむしろ世界を深刻な状況においやっている現実はなかなか報道されません。

 アレルギーや自閉症、ガン、糖尿病などといった病気がこの動きから生み出された可能性を指摘するいくつもの科学者の指摘があります。これらは農業と関わりのない都会の消費者にも直接迫っている問題なのです。

 こうした農業によって、家族で耕してきた農民が土地を奪われる事態も起きています。

 しかし、一方で、こうした動きに対して、安全な食と職を作り出すオルタナティブな試みが世界各地で取り組まれています。生態系を守ること、健康を守ること、安全な食と職を作り出すこと、明るい未来を可能にするユニークな取り組みがいくつも生まれ、拡がりつつあります。オルター・トレード・ジャパン(ATJ)はそうしたオルタナティブな試みに焦点をあてて、日本やアジア、そして世界の歩むべき道を考えていきます。

 当面の焦点として、

の3つの柱を中心に見ていきます。こうした問題の基本情報や最新情報も発信してきますし、セミナーなども予定しています。ぜひ、ご期待ください。

17,757 views

最新情報

アメリカで使用禁止の農薬をニカラグアで使い続けた企業の倫理的責任を問いたい~「バナナの逆襲」フレドリック・ゲルテン監督インタビュー~

2016年02月26日 Featured, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

アメリカで使用禁止の農薬をニカラグアで使い続けた企業の倫理的責任を問いたい~「バナナの逆襲」フレドリック・ゲルテン監督インタビュー~

ドキュメンタリー映画「バナナの逆襲」の日本での公開に先立って2016年1月、フレドリック・ゲルテン監督が来日しました。ニカラグアのバナナ農園での農薬被害をテーマに描いた第2話を中心に、監督の映画にかける思いを伺いました。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん来日講演(福岡、京都、東京)

2016年02月9日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

ジェフリー・M・スミスさん来日講演(福岡、京都、東京)

『遺伝子組み換えルーレット—私たちの生命(いのち)のギャンブル』の監督であり、長く、遺伝子組み換えによる健康被害の可能性について警鐘を鳴らしてきたジェフリー・M・スミスさんが来日し、講演会を福岡・京都・東京の3箇所で開催します。

もっと読む

健康、環境そして食料保障—農薬その他の汚染物質

2016年01月29日 アグロエコロジー, バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

健康、環境そして食料保障—農薬その他の汚染物質

農薬問題の第一人者、ロメオ・キハノさんが語る農薬問題。ガン、腎臓病で農業労働者が、その家族が命を落としています。日本に輸出するプランテーションの中のことを私たちはどれだけ知っているでしょうか? ネグロス・サミット報告をご覧ください。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん招聘への賛同のよびかけ

2015年12月28日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

ジェフリー・M・スミスさん招聘への賛同のよびかけ

ドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット』の監督、米国で長く遺伝子組み換えと健康被害の問題に警鐘を鳴らし続けているジェフリー・M・スミスさんを日本に招いて、講演会を行いたいと思います。ぜひ、その企画へのご賛同をお願いします。

もっと読む

ミンダナオにおける多国籍企業による農業の実態とそれに対する人びとの対応

2015年12月14日 バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

ミンダナオにおける多国籍企業による農業の実態とそれに対する人びとの対応

11月7日に行われたネグロス・フード・サミット、今回紹介するのはフィリピン・ミンダナオの南コタバト州スララ町の元町長のロムロ・スリビオさんのミンダナオにおける多国籍企業が引き起こしている問題とそれに対する人びとの動きについての報告です。

もっと読む

フィリピン最高裁、遺伝子組み換えナスの栽培実験禁止と新規承認一時停止を決定

2015年12月10日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

フィリピン最高裁、遺伝子組み換えナスの栽培実験禁止と新規承認一時停止を決定

フィリピンで画期的判決です。フィリピン最高裁判所は、2015年12月8日に遺伝子組み換えナス(Btナス)の実験の永続的禁止と遺伝子組み換え作物の新規承認一時停止を命じました。農民と科学者の連帯ネットワークであるMASIPAGや環境運動団体などの市民による訴訟が実りました。

もっと読む

フィリピンにおける遺伝子組み換え問題

2015年12月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

フィリピンにおける遺伝子組み換え問題

11月7日に開催されたネグロス・フード・サミットの特別報告、MASIPAG(科学者と農民連帯ネットワーク)によるフィリピンにおける遺伝子組み換え問題に関する特別報告をご覧ください。

もっと読む

グローバルな食のシステムの危機:ネグロス・フード・サミット

2015年11月27日 アグロエコロジー, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

グローバルな食のシステムの危機:ネグロス・フード・サミット

11月7日に行われたネグロス・フード・サミットでのATJ政策室印鑰(いんやく)による2番目の基調報告です。グローバルに起きている食の危機について問題提起をしています。気候変動、健康危機、巨大企業による独占という3つの視点から考えます。

もっと読む

危機の中のネグロス:ネグロス・フード・サミット

2015年11月26日 アグロエコロジー, バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

危機の中のネグロス:ネグロス・フード・サミット

11月7日、ネグロス・フード・サミットが開催されました。自由貿易協定により多国籍企業が食のシステムをますます自由にできる時代に対して小規模生産者と消費者の連帯運動はどのように対抗していくかについて討議したものです。 まずはオルター・トレード社代表のヒルダ・S・カドヤによる基調報告です。

もっと読む

『遺伝子組み換えルーレット—私たちの生命のギャンブル』完成!

2015年11月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

『遺伝子組み換えルーレット—私たちの生命のギャンブル』完成!

ドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット−私たちの生命(いのち)のギャンブル』の日本語版DVDが完成しました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ