Main Menu

人から人へ、手から手へ

世界のオルタナティブ

東ティモールの人びと
 今、世界で大きな問題が起きています。生態系の破壊、気候変動が大きくなり、これまでの世界の豊かさが次の世代に残せるか、不安が高まっています。さらに、食の安全が脅かされ、さまざまな健康被害が報告されています。この変化を生み出している原因の大きな源に企業的大規模農業経営と化学企業によって作られた農業モデルの世界化があります。

 第2次世界大戦以降、大きなバイオ化学企業が化学肥料、農薬、さらには遺伝子組み換え技術を作り出し、世界の農業のあり方と社会を大きく変えていきました。日本でもバイオテク技術を生かした「競争できる農業」がニュースになります。しかし、そうした農業がむしろ世界を深刻な状況においやっている現実はなかなか報道されません。

 アレルギーや自閉症、ガン、糖尿病などといった病気がこの動きから生み出された可能性を指摘するいくつもの科学者の指摘があります。これらは農業と関わりのない都会の消費者にも直接迫っている問題なのです。

 こうした農業によって、家族で耕してきた農民が土地を奪われる事態も起きています。

 しかし、一方で、こうした動きに対して、安全な食と職を作り出すオルタナティブな試みが世界各地で取り組まれています。生態系を守ること、健康を守ること、安全な食と職を作り出すこと、明るい未来を可能にするユニークな取り組みがいくつも生まれ、拡がりつつあります。オルター・トレード・ジャパン(ATJ)はそうしたオルタナティブな試みに焦点をあてて、日本やアジア、そして世界の歩むべき道を考えていきます。

 当面の焦点として、

の3つの柱を中心に見ていきます。こうした問題の基本情報や最新情報も発信してきますし、セミナーなども予定しています。ぜひ、ご期待ください。

17,025 views

最新情報

フィリピン:遺伝子組み換えと闘う農民たち

2014年02月17日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

フィリピン:遺伝子組み換えと闘う農民たち

フィリピンで遺伝子組み換えトウモロコシによって農民が味わった現実を調べたドキュメンタリー『失敗の10年—GMコーンに騙された農民たち』が作られました。生々しい証言に基づく衝撃的な内容です。その日本語版をATJ/APLAが作成しましたので、ぜひご覧ください!

もっと読む

公開セミナー「『バナナと日本人』-私たちはいかにバナナと向き合うのか?-のご案内

2014年02月14日 Featured, バランゴンが作り出す世界 コメントは受け付けていません。

公開セミナー「『バナナと日本人』-私たちはいかにバナナと向き合うのか?-のご案内

2014年3月16日(日)、東京でフィリピンバナナをテーマにセミナーを開催します。ぜひご参加ください。 詳細

もっと読む

25年目のオルタナティブをめざして

2014年02月13日 アグロエコロジー, バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

25年目のオルタナティブをめざして

2014年、ATJが民衆交易を開始してちょうど25周年を迎えます。同年に国際家族農業年が決定されたことに深い意味を感じます。なぜならば、ATJが25年間のアジアの小規模生産者との取り組みを通じて感じている私たちの危機感と、国際家族農業年にはっきりと現れた世界農業の危機認識が重なったからです。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ