Main Menu

人から人へ、手から手へ

パプアからの便り Vol.01 発行/2017年5月17日

パプアからの便り Vol.01          発行/2017年5月17日

 

親愛なる皆さま

インドネシア・パプア州より、お便り申し上げます。

 

いつもパプアのチョコレートを通じてパプアのカカオ生産者を応援していただきありがとうございます。

大勢でカカオキタの車に乗って向かう先は・・・?

大勢でカカオキタの車に乗って向かう先は・・・?

 

2017年が穏やかに明けたパプアですが、カカオキタとブラップ村のカカオ生産者たちは、昨年12月のクリスマス前に約束したことがひとつありました。 それは、カカオを植えている森の手入れを、生産者グループの共同作業として行うということでした。 この目的は、もちろんカカオ豆の収量を増やすことです。2016年は長雨による影響もありカカオの収穫状況はあまり良くありませんでした。しかし原因は天候だけでないことは、皆よくわかっていました。 以前からカカオの病虫害や収量減に対処するには、まずカカオの木が植わっている各人の森の手入れをしなければダメだと、皆が口にしていたのです。

作業のスケジュール作りをするデッキー(右端)とブラップ村のカカオ生産者たち

作業のスケジュール作りをするデッキー(右端)とブラップ村のカカオ生産者たち

大ナタを研いで、森へ入る準備です。

大ナタを研いで、森へ入る準備です。

ついに、その活動が2月から始まりました。 生産者グループのメンバー約30人分のカカオの森を、共同できれいにする作業は週2~3回のペースで行われています。数ヘクタールのカカオの森は、大人数で手入れをすると短時間で作業も終わり、一緒に汗水流す楽しさもあります。 伸び放題の草木を刈り入れたおかげで、うっそうとしていた森に、陽の光が差し込むようになりました。病虫害の発生も抑えられるのでは、と期待しています。

森の中には雑多な植物が繁茂し、陽の光を遮断していました。

森の中には雑多な植物が繁茂し、陽の光を遮断していました。

カカオの木の周辺の下草刈り

カカオの木の周辺の下草刈り

食べられる木の葉はお持ち帰り~。パキスという、炒めると少し粘り気がでる葉菜を見つけました。

食べられる木の葉はお持ち帰り~。パキスという、炒めると少し粘り気がでる葉菜を見つけました。

こんなにたくさんのカカオの実がついていました。

こんなにたくさんのカカオの実がついていました。

マルティンさんは身体に少し不自由があるので、一人で森の手入れをするのは大変でした。今日はたくさんの仲間に手伝ってもらい、とても嬉しそうです。デッキーからもらったお気に入りのサングラスをかけてポーズ!

 

 

作業後の食事は、今日手入れ作業をした森の持ち主が用意します。

作業後の食事は、今日手入れ作業をした森の持ち主が用意します。

(報告:ATJ 津留歴子)

 

【この便りについて】 株式会社オルター・トレード・ジャパンが取り組むインドネシア・パプア州のカカオ民衆交易プロジェクトの、顔の見える関係だからこその産地の情報をお届けします。 このカカオの民衆交易では、「パプア人の、パプア人による、パプア人のためのカカオ事業」を現地で推進すると同時に、カカオを作る人、チョコレートを食べる人が相互に学び合い、励まし合いながら人と自然にやさしいチョコレートを一緒に創造していくことを目指します。 便りの内容、パプアのカカオについてのお問合せは株式会社オルター・トレード・ジャパン、カカオ担当までご連絡ください。 TEL: 03-5273-8161 / E-MAIL: cacao@altertrade.co.jp / HP:http://altertrade.jp/cacao
278 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ