Main Menu

人から人へ、手から手へ

【バナナニュース272号】バランゴンバナナ産地に、台風による強風で被害がありました。

【バナナニュース272号】バランゴンバナナ産地に、台風による強風で被害がありました。

台風21号はフィリピンに上陸していませんが、発生した雨雲がフィリピン(黄色部分)を覆い、大雨と強風を発生しました。

台風21号はフィリピンに上陸していませんが、発生した雨雲がフィリピン(黄色部分)を覆い、大雨と強風を発生させました。

今年10月に日本に多大な被害をもたらした台風21号。フィリピン名では台風パオロ(Paolo)と呼ばれ、フィリピンに上陸はしませんでしたが、この台風による大雨と強風により10月中旬頃に一部のバランゴンバナナ産地に被害が出ました。

 

 

 

強風によって倒されたバランゴンバナナを悲しそうに見つめるマドロンさん

強風によって倒されたバランゴンバナナを悲しそうに見つめるマドロンさん

ミンダナオ島レイクセブでは、実をつけたバナナが強風で倒されたり、葉っぱが切れ切れになる被害が発生し、バナナの収量が約4割減少しました。

バランゴンバナナ産地全体としては、今年は例年に比べ強風被害が少なかったのですが、バナナにとって強風被害は大きな課題の1つです。

 

バナナはバショウ科バショウ属の多年草植物であり、高さ数メートルにまで育ちますが、木ではなく草です。木のように丈夫でないために、重い実をつけている時期に強風に煽られると重みを支えることができず、倒れやすくなります。竹などでバナナを支えることで倒れづらくする対応を取っている生産者もいますが、それでも倒れてしまうことがあります。

今回のレイクセブでも、順調に成育していた収穫間近のバナナが強風によって倒されてしまいました。レイクセブの生産者であるジョン・マドロンさんは、台風発生の前の週には約15株のバナナを収穫することができていました。しかし、強風で収穫前の大きくなったバナナが倒されてしまい、収量は大きく減少しました。

強風によって葉っぱが切れ切れになったレイクセブのバナナ

強風によって葉っぱが切れ切れになったレイクセブのバナナ

また、強風が吹くとバナナが倒されるだけでなく、葉っぱが切れる被害も発生します。葉っぱが細かく切れるとうまく光合成をすることができず、生育が遅くなる、実をつけても大きくならないなどといった影響が出てきます。そのため買付基準に満たないバナナとなる可能性が高くなるのです。

 

 

今回のこうした台風の影響は、2~3ヶ月続くことが予想されます。

洪水で流されたタンハイのバランゴンバナナ

洪水で流されたタンハイのバランゴンバナナ

ミンダナオ島レイクセブ以外でも台風パオロの被害を受けた産地があります。ネグロス島東州の山間部産地の一部では、土砂崩れで道路が遮断されたため、台風直後は一時的にバナナの集荷に行くことができなくなりました。また、川沿いの産地であるタンハイ市マタンガッド地域では川が氾濫し、バナナが流されてしまうといった被害がありました。生産者によると、川の水位が川岸よりも5m上がり、バナナが水で押し倒されてしまったそうです。

事業部商品一課 黒岩竜太

 

読者アンケート

よろしければ、このニュースを読んだ感想をお聞かせください。生産者へのメッセージは生産者に伝えていきます。よろしくお願いいたします。

今回の記事の評価:
年齢:
性別:
バランゴンバナナを購入する頻度:
読みたい内容(複数可):
今後読みたい内容(ご自由にお書きください):
生産者へのメッセージあるいは質問などがあればお書きください。生産者に伝えていきます。
E-mail(任意):
画像の英数字を入力してください:

 

163 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ