Main Menu

人から人へ、手から手へ

パプアからの便り Vol.03 発行/2017年9月1日

パプアからの便り Vol.03 発行/2017年9月1日

   親愛なる皆さま

 

カカオの産地、インドネシア・パプア州ジャヤプラは連日摂氏30度を超える熱さで、強い日差しがカカオの木にさんさんと降り注いています。日本の皆さまは如何お過ごしでしょうか? カカオキタのスタッフ、生産者たちはみんな元気にしています!

 

カカオキタの新しい仲間たち

カカオキタの新しい仲間たち

今年は2月、3月にカカオの森の協働手入れ作業を精力的に行ったことが功を奏してか、3月、4月と生産者はたくさんのカカオ豆を収穫することができました。

こうしたカカオキタが生産者と一緒に取り組む活動が他の村にも知れ渡り、最近はカカオキタのメンバーになりたいという村が増えてきました。

新しくカカオキタの仲間になった村は、パプア州のなかでもオランダが1950年代にカカオ栽培をはじめたグニェム地方にあるスナ村とその近くにあるイブップ村、バンガイ村です。

 

<スナ村でカカオキタの民衆交易説明会を行いました>

 

「民衆交易」の話に耳を傾ける生産者

「民衆交易」の話に耳を傾ける生産者

スナ村はオランダがカカオ栽培を1950年代に導入したグニェム地方にあり、村人は昔からカカオ栽培を暮らしの基盤のひとつとしていました。今まではイブ・プール(ジャワ人業者)に、最近はマカッサル人のクスナンさんに売っていたそうです。

スナ村には生産者グループがありメンバーは約50名。このうち30名ほどが集まりました。会合には近隣ブリン村、イブップ村、バンガイ村の生産者も来ていました。

民衆交易を熱く語るデッキー

民衆交易を熱く語るデッキー

カカオキタ代表デッキーが同じく代表を務めているYPMD(パプア農村発展財団)はスナ村でかつて水道敷設事業を行ったことがあり、会合の挨拶でスナ村の村長は「YPMDの名前はわたしたちの胸にずっと残っていた。」と言い、YPMDの長年の活動が今のカカオ事業に繋がっていることがわかりました。

スナ村でのカカオ買い付けの様子

スナ村でのカカオ買い付けの様子

デッキーは、パプアのカカオ豆から作ったチョコレートが日本で売られていること、ビジネスに慣れていないパプア人を支援してくれる日本の人びとのこと、そして、パプアからはオーガニックで安全な食べ物であるカカオを提供することがパプアのプライドになること、などを得意な歌やユーモアを交え語りかけ、集まった生産者たちは目を輝かせていました。

特に「わたしたちパプア人はインドネシアのなかでは圧倒的にマイノリティーだが、カカオの質はインドネシアを越えて世界で通用する質であることに誇りを持とう!」というところでは皆うれしそうに拍手していました。

集荷作業が終わるころ、カカオの森は日暮れごろとなります。

集荷作業が終わるころ、カカオの森は日暮れごろとなります。

 

<道路拡張工事―木材伐採と自然破壊>

 カカオ産地に向かうセンタニ湖から森林地帯に入る道で大工事が進んでいます。

これは内陸部の木材を積みだすコンテナが通れるように道幅を広げているのだそうです。

緑に覆われていた山肌が削られ剥き出しの土が露わになっている横を通過するたびに「これからパプアはどうなるのだろう」という不安が胸に押し寄せます。

道路の拡張工事が進んでいます。

道路の拡張工事が進んでいます。

山肌が削られて剥き出しになっています。

山肌が削られて剥き出しになっています。

(報告:ATJ 津留歴子)

【この便りについて】 株式会社オルター・トレード・ジャパンが取り組むインドネシア・パプア州のカカオ民衆交易プロジェクトの、顔の見える関係だからこその産地の情報をお届けします。 このカカオの民衆交易では、「パプア人の、パプア人による、パプア人のためのカカオ事業」を現地で推進すると同時に、カカオを作る人、チョコレートを食べる人が相互に学び合い、励まし合いながら人と自然にやさしいチョコレートを一緒に創造していくことを目指します。 HP:http://altertrade.jp/cacao

169 views