Main Menu

人から人へ、手から手へ

パプアからの便り Vol.05 発行/2018年7月25日

パプアからの便り Vol.05 発行/2018年7月25日

親愛なる皆さま

カカオ産地のインドネシア・パプア州では、3月から6月にかけてのカカオ収穫ピークが一段落しました。

お陰様で、今年の収穫状況は良く、KAKAO KITA(わたしたちのカカオ社、以下カカオキタ)と一緒に取り組んでいる村々からもたくさんのカカオ豆が集まりました。

 

森でのカカオ収穫風景(ブラップ村マルティン・タルコさんのカカオ)

森でのカカオ収穫風景(ブラップ村マルティン・タルコさんのカカオ)

これからカカオの小さな花が大きな実になるまで(約6ヵ月)、カカオの木を大切に手入れしていかなければなりません。

特にカカオの花は雨にあたると落ちてしまうことが多いので、花が咲く時期に雨の日が多いとカカオ生産者たちの顔が曇ります。

幸い今年はこの時期、南半球が冬の季節を迎えている影響なのか、雨が少なく比較的乾燥した気候です。たくさんの花が実を結びますように!と期待しています。

さて、今回はカカオキタの貯蓄プログラムについて少しお話させていただきます。

豆の買い付け時には、生産者と対話することも大切にしています(デッキーさん/左端 ブラップ村にて)

豆の買い付け時には、生産者と対話することも大切にしています(デッキーさん/左端 ブラップ村にて)

カカオキタはカカオの生産者(パプア先住民族)からカカオ豆を買付けている事業体で、生産者から消費者までそこに関わる人びととの「友情と連帯」を基盤とした切磋琢磨の学び合いを通じて、自然と共生するパプア先住民族の社会と文化を維持・発展させることを事業の目的としています。
このため、ただ単にカカオ豆を買付けることをしていません。何よりも生産者一人一人とのコミュニケーションを大事にし、地域全体が住民たちの力で少しづつ良い方向に向かっていくことに伴走していきたいと思っています。

 

【カカオを通じた取り組みの理解を深める】

説明会でデッキーさんの話は熱をおびます(ブラップ村)

説明会でデッキーさんの話は熱をおびます(ブラップ村)

カカオキタではカカオの買付をはじめる前に、対象の村で生産者を集めて説明会を開いています。

説明会では、「カカオキタは単にカカオ豆が欲しくて買付けているわけではない。」ということをまず強調します。
カカオ豆を通じて、遠く日本の人びとと繋がること、友達になること、お互いの違いを尊重し、その違いが力となって関係性が発展していくこと、などをカカオキタ代表のデッキーさんが情熱込めて語りかけます。

「わたしたちはカカオにパプア人の誇りと友情を託しているのだ。良いカカオ豆であるという誇り、そして食べる人を思い農薬や化学肥料を使わない安心・安全のカカオを届ける、という友情だ。」

デッキーさんの話に耳を傾ける人びとの目は輝き、何か新しいこと、素敵なこととして、パプアの人びとの胸に響いていると思います。今までは、現金を得るためだけだったカカオに、新しい意味ができました。

 

【貯蓄プログラム】

デッキーさんの話に聞き入る生産者(ムリス・ブサール村)

デッキーさんの話に聞き入る生産者(ムリス・ブサール村)

デッキーさんはカカオ事業をはじめる当初から、「パプア人は現金を手にしてもすぐに使って手元に残らない。これでは意味がない。

カカオを売って得たお金の一部を貯金するプログラムを平行して行うことが大事だ。」と言っていました。

貯蓄プログラムをはじめた2015年6月、プログラムの説明会で銀行に貯金するシステムは何やら良くわからないが、デッキーさんが言うように「子供の教育や家族が病気になった時に備えてお金を貯めるのは良いことだ」と思う人が、最初は17名程が口座開設しました。

カカオ買付時に生産者が託す貯金通帳、多い時は60名分くらいになります。

カカオ買付時に生産者が託す貯金通帳、多い時は60名分くらいになります。

その後口座開設者はどんどん増えて、2018年6月末時点で口座開設者は10カ村で240名になりました。

カカオキタ貯蓄プログラムとタイアップしているのは1990年代にパプアのNGOがバングラディシュのグラミン銀行から学んで設立した民衆信託銀行です。

小さな民に寄り添う民衆銀行は不備のある身分証明書でも口座開設OK、というところが有難いです。(村では有効な身分証明書を持っていない人も結構多いのです。)

生産者はカカオキタに豆を売るときに貯金したい額をカカオキタに預け、カカオキタが町の民衆銀行で代理で入金します。

 

貯金の目的の第一は、子どもの教育費です(クライスゥ村の子どもたち)

貯金の目的の第一は、子どもの教育費です(クライスゥ村の子どもたち)

カカオキタの買付では多くの人が通帳を手に豆を集荷所に持ってきます。

だいたい、5万ルピア、10万ルピア(日本円で約400円、800円)を貯金に回すという人が多いです。

収穫ピーク時は多くの生産者が貯金するので、カカオキタは豆と一緒にたくさんの通帳も持ち帰ります。

「わたしの貯金、いくらになった?」(カカオキタスタッフのヨセフさん/左、ブラップ村のルス・マンゴさん/右)

「わたしの貯金、いくらになった?」(カカオキタスタッフのヨセフさん/左、ブラップ村のルス・マンゴさん/右)

貯蓄プログラムをはじめてから3年目、貯蓄の習慣は生産者の間に根付いてきたようです。

デッキーさんが貯蓄プログラムを考えたその先には、実は、「将来生産者協同組合を立ち上げるときに、生産者自身が出資できる資金を準備すること」、がありました。

この組合を立ち上げる取り組みはまだもう少し先の話になりそうですが、その目標に向けて毎日の活動を大切にしながら着実に一歩づつ、頑張ります!!!

(報告:ATJ 津留歴子)

【この便りについて】 株式会社オルター・トレード・ジャパンが取り組むインドネシア・パプア州のカカオ民衆交易プロジェクトの、顔の見える関係だからこその産地の情報をお届けします。このカカオ民衆交易では、「パプア人の、パプア人による、パプア人のためのカカオ事業」を現地で推進すると同時に、カカオを作る人、チョコレートを食べる人が相互に学び合い、励まし合いながら人と自然にやさしいチョコレートを一緒に創造していくことを目指しています。 HP:http://altertrade.jp/cacao
263 views