Main Menu

人から人へ、手から手へ

【PtoP NEWS vol.24 ここが知りたい!コーヒー】コーヒーの種類

【PtoP NEWS vol.24 ここが知りたい!コーヒー】コーヒーの種類

巷で売られているコーヒーには、「アラビカ100%」と表示された商品を多く目にします。アラビカは、コーヒーの中の品種の一つ。

コーヒーの品種は、大きく分けて、アラビカ、ロブスタ(カネフォラ)、リベリカの3種類に分類され、主にアラビカとロブスタが流通しています。

アラビカの実(左) と ロブスタの実(右)

アラビカの実(左) と ロブスタの実(右)

アラビカは、標高の高い地域(主に標高1000m~2000m)で栽培され、香味が優れているため高値で取引きされますが、病虫害に弱いので生産者の苦労は多い品種です。

一方、強い苦味とコクが特徴のロブスタは、標高の低い地域(主に標高300m~800m)で多く栽培される病虫害に強い品種です。

 

 

アラビカの生豆(左)とロブスタの生豆(右)

アラビカの生豆(左)とロブスタの生豆(右)

ちなみに、アラビカの中でもロブスタとの交配種も存在します。東ティモールで主流のアラビカ種「ハイブリット・デ・ティモール」は、アラビカとロブスタの自然交配で生まれた品種です。

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)が輸入している東ティモールのコーヒーは、生まれながらにアラビカの香味豊かな味わいとしっかりとしたロブスタの苦みの両方が備わっています。

アラビカとロブスタを飲み比べる機会は少ないかもしれませんが、品種を意識して飲んでみると、一層コーヒーの奥深さを感じられるかもしれません。

コーヒーの実 (チェリー)

コーヒーの実 (チェリー)

コーヒーの品種に関して詳しくはこちら→http://altertrade.jp/coffee/basics

ATJのコーヒーについてはこちら→http://altertrade.jp/coffee

中村智一(なかむら・ともかず/ATJ)

207 views