Main Menu

人から人へ、手から手へ

多くの仲間に支えられ、ATCは25周年を迎えました!【224号】

多くの仲間に支えられ、ATCは25周年を迎えました!【224号】

 バランゴンバナナの輸出を行っているオルタートレード社(ATC)は、今年で創立25 周年を迎えました。2013 年7 月27 日(土)に、フィリピンネグロス島・バコロド市内で記念式典が行われ、海外からの出席者も含め、250 名以上が出席しました。

記念式典は朝から夜まで行われ、バランゴンバナナ・マスコバド糖の民衆交易に関わってきた関係者(生産者・スタッフ・消費者など)が集うフォーラム、公開料理教室、子どもたちと農家の交流など様々なイベントが行われました。

フォーラムでは、民衆交易の25 年間の歴史を振り返りながら、今後の民衆交易のあり方について話されました。1980 年代半ばの砂糖危機が引き金となったネグロスの飢餓の問題を解決するために、「Trade not Aid:援助ではなく交易事業」をモットーに提案されたのが民衆交易であり、バランゴンバナナは民衆交易の1 つのシンボルとなりました。改めて生産者と消費者のより深く、顔の見える関係が民衆交易には重要であることが確認されました。

25 周年記念式典に参加したバランゴンバナナの生産者からは「バランゴンバナナからの収入で3 人の子供を高校に通わせることができました。」「研修制度を提供してくれるATC に感謝しています」などの声があがりました。次の25 年、50 年を担う若い世代も含めて、式典は夜遅くまで盛り上がりました。

1,300 views