Main Menu

人から人へ、手から手へ

私たちとラオスコーヒーのこれまで その1

私たちとラオスコーヒーのこれまで その1

収獲作業@カトゥアット村

収獲作業@カトゥアット村

オックスファムの支援でカトゥアット村に掘られた井戸

オックスファムの支援でカトゥアット村に掘られた井戸

2003年12月、国際NGOオックスファム・オーストラリアのヴィエンチャン事務所からATJに一通のメールとコーヒーのサンプルが届きました。ATJが当時東ティモールで行っていたコーヒーの取り組みをオックスファムが知ったことから連絡をくれたのです。それは、オックスファムがコーヒー生産者の生活向上のために支援プロジェクトを展開しているラオスのコーヒー生産者とつながり、彼らのコーヒーを買わないかという提案でした。オックスファムがともに活動していたのは、フェアトレード認証も有機認証もなく、コーヒー産地として知名度の低いラオスの小規模生産者でした。このような小規模生産者にとっては、販売先となる海外の市場と結びつくことは彼らにとって容易ではなかったのです。

 

ATJは、東ティモールでの取り組みを経てさらにアジアでコーヒー事業を発展させていきたいと考えていました。そのためさっそくラオスで調査を行い、カトゥアット村など5つの村と出会うこととなりました。そこは、オックスファムが生産者を組織してコーヒーの品質改善やマーケティング指導などを行っていたラオス南部ボラベン高原の産地で、生産者たちはプロジェクトに熱心に取り組んでいました。私たちは、彼らの取り組みに共感し、アジアでは希少なティピカを豊かな森の中で丁寧に栽培しているラオスの小規模生産者からコーヒーを買うことになりました。

 

カトゥアット村のリーダー ソンブンさん

カトゥアット村のリーダー ソンブンさん

ラオスには、ラオス政府や旧宗主国フランスが支援するコーヒー生産者組合がありますが、買取価格が決まらなかったり、支払いが大幅に遅れたりと、組合として機能していません。一方で、仲買人による買い取りは、価格が国際相場に左右される上、毎年買い取りがあるとも限らず、生産者は弱い立場に置かれていました。さらに、コーヒーは収穫が年に一度のため収入も年に一度です。また、収量に影響を与える天候など自然環境に左右されることも重なって、生産者の生活は不安定な状態が続いていました。
 

カトゥアット村にOXFAMから提供された果肉除去機

カトゥアット村にOXFAMから提供された果肉除去機

そうした中で、私たちはカトゥアット村などとのつながりを経て、2009年にラオスの小規模コーヒー生産者が運営している生産者協同組合JCFCと出会いました。当時、JCFCはフェアトレード認証も有機認証も買い手もなく、また組合としても機能していませんでした。私たちは、膝を突き合わせた話し合いを通して彼らの組合の再建に協力することになりました。

事業部商品課 酒井

 

1,751 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ