Main Menu

人から人へ、手から手へ

東ティモールのルシオさんからの、独立記念メッセージです。

東ティモールのルシオさんからの、独立記念メッセージです。

東ティモールのコーヒー生産者にエールを送ろう!

 

ルシオさん

ルシオさん

東ティモールは2002年にインドネシアから独立(主権回復)を果たし、コーヒーもようやく自分たちのものになりました。私たちにとってコーヒーは、人生にとって大切な教育、健康、伝統的な文化活動を支えてくれるものです。

日本の皆様との出会いによって、私たち東ティモール人が国際的ビジネスのステージに登場できるようになったことを、生産者と共にとても誇らしく思っております。
また、この出会いによって、国としての独立だけではなく、東ティモール人として独立したメンタリティを持つことの大切さを学んでいます。

コーヒー生産者たちと(ルシオさん/左端)

コーヒー生産者たちと(ルシオさん/左端)

 

日本の皆さんへ

ここ数年、日本からの需要としては、年間グリーンビーン(生豆)で40トン強にとどまっています。でも、わたしたちが組織している生産者グループの生産キャパシティはそれ以上なので、市場からの引き合いが増えることを夢見ています。

消費者のみなさんにお願いしたいのです。みなさんがに東ティモールコーヒーを沢山飲んでいただきたい。必要なコーヒー豆が1粒から1000粒に増えれば、それだけ生産者の生活を継続的に支えることにつながるからです。

もちろん品質も重要ですので私たちも日々努力をしています。そして将来的に皆さんからの購入量を増やしていただけることが、生産者グループの期待に応えることにつながります。

私たちのコーヒーを、よろしくお願いします。

ルシオさん家族

ルシオさん家族

ルシオ・ジョセ・アルビーノ
(通称ルシオさん、ATTコーヒー事業マネージャー)

1,035 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ