Main Menu

人から人へ、手から手へ

【PtoP NEWS vol.5 特集】職人たちが守るゲランドの未来

2017年06月15日

フランスの西海岸ブルターニュ地方、大小の入り江が入りくんだル・コワジック岬のふもとに、ゲランドの塩田が広がっています。ゲランド半島では、古くは3世紀ごろから塩田が整備され、現在の塩田の技術は9世紀以前には確立していた、という記録があるほど。料理人たちがこぞって使いたがるこの「ゲランドの塩」は、一度味わうとなかなか他の塩を使う気になれません。どんな料理に使っても、決して主張せず、素材の味をギュッと引き立てる「ゲランドの塩」についてご紹介します。

もっと読む

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、 塩づくりについて語る~その2~

2016年02月3日

塩職人のグレゴリー氏は、特に塩田の作業の話題になると、身振り手振りで本当に楽しそうに話をしてくれました。1000年を超える伝統を持つゲランドの塩は、現在、このような塩作りに魅了された職人たちの手で作り出されているのです。

もっと読む

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、塩づくりについて語る~その1~

2016年01月27日

ゲランドの塩生産者組合の組合長であるグレゴリー・ピタール氏、サリーヌ・ド・ゲランド社の代表であるロナン・ロワゾン氏の2名が来日しました。ご両名とも、パリで日本料理店に行ったことはありますが、本物の日本は初めて。短い滞在ではありましたが、現在のゲランド塩田の様子や、彼らの塩づくりに対する想いを語っていただきました。

もっと読む

ゲランド塩田:この10年の歩みと発展

2015年06月5日

ATJがゲランドの塩の取り組みを開始してからの10数年間も、ゲランドの塩職人たちは綿々と塩田を復活させ、人材を育成し、自然と共生するゆるぎない地域事業としてゲランドの塩を育てています。そうしたこの10年間の「続ゲランドの塩物語」をコリン・コバヤシ氏がフランスからレポートします。

もっと読む

塩職人 ミシェル・コカールさんから便りが届きました。 「収穫の報告と秋・冬の塩職人たち」

2005年02月27日

日本の皆さん、こんにちは。 我が家の塩田では、2004年の塩の収穫が9月の半ばに終りました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ