Main Menu

人から人へ、手から手へ

ゲランド塩田:この10年の歩みと発展

2015年06月5日

ATJがゲランドの塩の取り組みを開始してからの10数年間も、ゲランドの塩職人たちは綿々と塩田を復活させ、人材を育成し、自然と共生するゆるぎない地域事業としてゲランドの塩を育てています。そうしたこの10年間の「続ゲランドの塩物語」をコリン・コバヤシ氏がフランスからレポートします。

もっと読む

塩職人 ミシェル・コカールさんから便りが届きました。 「収穫の報告と秋・冬の塩職人たち」

2005年02月27日

日本の皆さん、こんにちは。 我が家の塩田では、2004年の塩の収穫が9月の半ばに終りました。

もっと読む
2 / 212