Main Menu

人から人へ、手から手へ

【ハリーナ no.38 より】カカオの民衆交易とパプアの未来 ~カカオキタ社代表 デッキー・ルマロペン~

2018年01月22日

インドネシア・パプア州でのカカオ事業で最初のコンテナを出荷した2012年から数えてすでに5年がたちました。私は当初から民衆交易を通じて、パプアのカカオ生産者が消費者の要望に応えられる品質のカカオを生産し、そのカカオから確実な収入を得て経済的に自立していく、という道筋を描きました。その歩みはゆっくりですが、確実に進んでいると思っています。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.18/2017.09】森のカカオをお届けします!from インドネシア・パプア州

2018年01月11日

インドネシア・パプア州のカカオ産地では、2017年7月に11トンのカカオ豆をチョコレートの原料にするために、二次加工所がある東ジャワ州のスラバヤへ向けて出荷しました。振り返ってみれば、2016年はカカオキタ社が買付けをしている村々の収穫量があまり芳しくなかったのですが、今年2017年は、3月ごろから収穫量が増えて半年で10トン近く(昨年は約6トン)の豆を集荷することができました。カカオキタ社のスタッフや生産者たちは、収穫量が増えたのはある事が功を奏したと信じています。

もっと読む

パプアからの便り Vol.02 発行/2017年8月17日

2017年08月22日

「パプアで私たちが育てたカカオからつくったチョコレートを私たちも食べたい!」という産地の人びとの要望に応えて、インドネシアで製造し、日本とパプアで同時に販売した手作りクラフトチョコレート「パラダイスパプア」。 パプア州ジャヤプラ市では、2017年の年明けから販売を開始しました。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.13/2017.04 ここが知りたい!チョコレート】パラダイスパプアの地元販売はどんな感じ??

2017年08月10日

「インドネシア・パプア州産のカカオからできるチョコレートをわたしたちも食べたい!」という産地の人びとの願いが実って生まれた『パラダイスパプア』。2017年の幕開けとともに州都ジャヤプラで販売を開始するや、口伝えでカカオキタの事務所に買いに来る人が後をたたず、店舗や直売りで一ヶ月に500枚近く売れました。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.10/2017.01 特集】パラダイスパプア~わたしたちのカカオを味わいたい~

2017年08月2日

カカオキタ代表のデッキーさんは、「パプアの自然はパラダイス。そこで育ったカカオから美味しいチョコレートを作りたい。パラダイスは私たちが努力して守っていかなければならないもの」と言い、森のカカオを通じて、人と自然にとってのパラダイスがこれからも続くようにとの思いを込めています。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.5 ここが知りたい!チョコラ デ パプア】 カカオ豆のサイエンス

2017年07月20日

チョコレートの美味しさの秘訣は原料となるカカオ豆をしっかりと発酵させること。カカオ豆の正体はカカオの果実の中にある種子です。この種には糖や炭水化物、タンパク質、油脂分、ミネラルなど栄養成分が豊富で、ポリフェノールもたっぷり。美味しいチョコレートになるためのサイエンスが始まっています。

もっと読む