Main Menu

人から人へ、手から手へ

バナナの基礎知識

『バランゴンバナナ』をより深く知っていただくためにバナナに関する様々な情報、役立つ知識をまとめました。
バナナの「歴史」や「種類・分類」など興味深い内容が満載です!

バナナの歴史 バナナの種類・分類 栄養成分
世界のバナナ生産量 日本人のバナナ消費量・輸入量
保存方法 バナナの利用方法 参考資料

バナナの歴史

 バナナは芭蕉科の多年草で、マレー半島のあたりが起源と考えられています。もともとバナナには種がありました。東南アジアのどこかで、この種を移植するというかたちでバナナ栽培が始まったのは、遅くとも3~4万年前と言われています。今から5000年以上前には、種がなく可食部の多い突然変異種(=現在一般的に売られているバナナ)が見つかり、栽培が始まりました。そして、人の移動にともなって、バナナがアフリカに渡ったのは紀元前2000年頃と推定されています。現在はバナナの主要な産地である中南米には、スペイン人によりアフリカ経由でもたらされたようです。

 日本に初めてバナナが輸入されたのは明治時代のことで、当初は台湾から輸入していました。1963年に日本でバナナの輸入が自由化され、台湾からの輸入量が急増しましたが、70年代には台風の影響を受けやすく、品質が不安定な台湾産にかわってエクアドル産のプランテーションバナナが主流になります。その後、フィリピンのミンダナオ島に、日本へ輸出するための広大なバナナプランテーションができ、フィリピン産バナナが多く安く店頭に並ぶようになりました。現在でも、フィリピンからのバナナが輸入量の85%~90%を占めています。

バナナの種類・分類

 300種類くらいあると言われていますが、学説によって異なり、200~500種類と幅があります。
バナナには、生食用と料理用の2種がありますが、日本が輸入しているのはほとんどが生食用です。しかし、世界で生産されているバナナのうち、生食用は43%で、57%は料理用です。
 ちなみに、フィリピンで人気のある種類は甘味の強いラカタン種。料理用バナナでは、サバ種がよく食べられています。サバ種のバナナは茹でたり、油で揚げたりして食べるのが一般的です。

栄養成分

 カリウム、マグネシウムなど微量栄養素のほか、食物繊維も多く、ビタミンBやCも含まれています。特にカリウムの含有量の多さは特筆すべき点です。カリウムは塩分を排出する働きがあるため、高血圧の予防に効果があるとされています。
 また、果実としてはデンプンの含有量がとても高いのが特徴。そのため、世界の一部の地域では主食として食べられています。主食となっているのは、貯蔵性もある料理用バナナです。生食用バナナは、デンプンの糖化が早いタイプのバナナで、熟すと甘く柔らかくなります。

エネルギー タンパク質 炭水化物 繊維 カリウム
86kcal 1.1g 22.5g 1.1g 360mg
マグネシウム カロチン ビタミンB1 ビタミンC  
32mg 56μg 0.05mg 16mg  
(五訂日本食品標準成分表より)

世界のバナナ生産量

 バナナが栽培されている地域は、「バナナ・ベルト」とも呼ばれる熱帯の地域です。バナナの栽培には、ある程度の高気温と雨量が必要なのです。世界のバナナ生産地のうち3分の1が中南米、3分の1がアフリカ、そして残りの3分の1がアジアとなっています。輸出されているのは全生産量の10%程度で、ほとんどのバナナは地元で消費されています。ニューギニアや東アフリカの一部のように、年間の1人あたりのバナナ消費量が200~250kgになる地域もあります。
 バナナ輸出国として大きなシェアをもつのが南米の国エクアドル。輸出されているバナナの35%をエクアドル産のバナナが占めます。フィリピン産バナナの割合は全体の14%です。そして、フィリピンが輸出するバナナのうち66%が日本向けとなっています。

日本人のバナナ消費量・輸入量

 日本に輸入される果物のうち半分以上を占めているのがバナナ。国内での消費量も、みかんに次いで2位になっており、りんごより多く食べられていることになります。これは、ほかの果物と違って、1年中収穫できることが要因だと思われます。しかし、日本での1人当たりの平均消費量は年間7~8kgで、ヨーロッパや北米の15~16kgと比べても意外に低いのが現状のようです。

保存方法

 バナナは生まれも育ちも南国の食べものです。そのため冬の低温には弱く、長時間低温にさらされると「風邪」と呼ばれる症状があらわれ、果皮が変色したり、追熟しなくなってしまったりします。寒い時期には、できるだけ暖かい部屋で保存してください。
 夏の暑い時には、買ってきたらビニールの袋からは出して風通しの良いところで保存し、ムレやカビを防ぐようにします。(冷蔵庫に入れると黒く変色してしまいます。)
 熟しすぎてしまったバナナは、冷凍してバナナアイスにしたり、ピューレ状にしてお菓子などに利用するのもよいでしょう。長期間保存したい場合には皮をむいてラップに包み、冷凍庫で保存します。

バナナの利用方法

 バナナの生産国の多くでは、バナナはその実を食すだけでなく、いろいろな用途で使われます。殺菌作用があるといわれるバナナの葉は、お皿としてつかったり、食べものを包んだりするのに使ったりします。また、バナナのつぼみ(バナナ・ハート)は茹でてサラダやスープに入れて食べます。茎の新の柔らかい部分は、細かく刻んで緑豆とココナツミルクで煮込んでいただきます。茎の部分は、砕いて家畜の餌として利用することもできます。また、茎は焼き鳥の串刺し用に便利です。

参考資料

  • Diseases of Banana, Abaca and Enset CABI Publishing (D.R. Jones,2000)
  • 中村武久著 『バナナ学入門』 丸善ライブラリー 1991年刊
31,161 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ