Main Menu

人から人へ、手から手へ

パプアはどんなところ?


パプアと日本の地図

地図で見るパプアと日本
クリックすると拡大します

カカオの産地であるインドネシア領パプア。
世界で二番目に大きな島であるニューギニア島の西半分を占め、豊かな自然と天然資源に恵まれるなかで、250を超える先住民族が自然と共存した暮らしを営んできました。

パプアにカカオがもたらされたのは、オランダの植民時代1950年頃と言われています。赤道直下にあるパプア北部は年間を通して日照と雨に恵まれ、カカオの生育に適した土地です。パプアの人びとは広大な森の中でカカオの栽培を行っています。

カカオの民衆交易では、「パプアの人びとの手によるカカオ事業」を現地で支援し、国境・人種・文化の違いを超えて、カカオを作る人、チョコレートを食べる人が相互に学び合い、励まし合いながら人と自然にやさしいチョコレートを一緒に創造していくことを目指して、カカオ栽培の改善、農産物の多角化、生計向上プログラム(家計簿付や貯蓄の促進)などの活動に取り組んでいます。

パプアから出荷された乾燥カカオ豆は、インドネシア国内でチョコレートの原料であるカカオマスとカカオバターに加工され(二次加工)、日本で最終のチョコレート製品に加工されます。

カカオを通じて自分たちの森と暮らしを守りたい、そんなパプアの人びとの未来に向けた挑戦を応援するカカオ製品を販売しています。

パプアの森
パプアの森
パプアの自然

カカオ生産するパプア先住民族コミュニティの人びと

カカオ産地のひとつ、ヤニム村での歓迎の踊り
カカオ生産するパプア先住民族コミュニティの人びと
カカオ生産するパプア先住民族コミュニティの人びと

アブラヤシプランテーション

アブラヤシプランテーション
パプアの自然
パプアの自然
パプア

詳しくはパプア交易の歩みをご覧ください。

6,826 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ