Main Menu

人から人へ、手から手へ

エシカルバナナ・キャンペーン・セミナー ”甘い”果実の苦い真実〜フィリピンからの訴え<京都会場>

手軽な果物の代名詞ともいえるバナナ―。

日本にやってくるバナナの約8割がフィリピンから届いています。

1982年に鶴見良行氏がその著作『バナナと日本人』によって、フィリピンのバナナプランテーションにおける農薬散布、不公正な契約、労働問題などを告発してから36年―。残念ながら、それら問題の多くは現在に至るまで未解決のままです。このたび、フィリピンバナナの主要生産地であるミンダナオ島よりゲスト2名を招き、私たちが食べているバナナの生産現場で今も続いている問題についてお話しいただきます。現場からの生の声を聴き、「バナナと日本人」の未来について多くの皆さんと一緒に考える機会を作りたいと思います。

 

プログラム:

DVD上映(一部)  『バナナと日本人2018―“甘い”果実の苦い現実(仮)』制作:アジア太平洋資料センター 監督:村上良太

現地からの報告1) 「バナナプランテーションと農薬使用-労働者と周辺住民の健康は?」チンキー・ペリーニョゴリェさん

現地からの報告2) 「バナナ生産者を苦しめる大手企業との栽培契約」アーヴィン・サガリノさん

日本での取り組み 「あなたのお金が『人喰いバナナ』に?―金融と預金者の責任」Fair Finance Guide Japan

 

お申込み:ウェブサイト(https://www.e-banana.info/)からお申込みいただくか、メールの場合、info@e-banana.infoまで、件名を「7/29セミナー申し込み」として、お名前、人数をお送りください。事務局でのお電話でもご予約いただけます。

 

共催:エシカルバナナ・キャンペーン実行委員会<アジア太平洋資料センター(PARC)、APLA、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)>/Fair Finance Guide Japan

 

賛同(6月25日時点):国際青年環境NGO A SEED JAPAN/WE21ジャパン/オックスファム・ジャパン/「環境・持続社会」研究センター/国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/日本消費者連盟/パルシック/他、呼びかけ中。

 

※本セミナーはスウェーデン国際開発協力庁(SiDA)の助成を受けて開催します。

 

【エシカルバナナ・キャンペーン事務局】
東京都新宿区大久保2-4-15-3F 特定非営利活動法人APLA気付
TEL:03-5273-8160/FAX:03-5273-8667/メール:info@e-banana.info

 

エシカルバナナ・キャンペーンとは

NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)、NPO法人 APLA、(株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)が呼びかけ人となって2018年夏にはじまったキャンペーン。持続可能な農法で作られた地球にやさしいバナナ、生産から流通・小売りまでサプライチェーン上のすべての労働者の人権が守られているバナナ、食べる方も作る方も、ほかの誰かの人生を踏みつぶすことなく笑顔を広げられるバナナ―。そんなバナナをエシカル(倫理的な)バナナと考え、日本に入ってくるすべてのバナナがエシカルになることを目指すキャンペーンです。

ウェブサイト:https://www.e-banana.info/

開始時間:
2018年7月28日 6:30 PM
(開場は6:15PM)
終了時間:
2018年7月28日 8:30 PM
参加費:
500円 要予約
主催:
エシカルバナナ・キャンペーン実行委員会
電話番号:
03-5273-8160
info@e-banana.info
会場:
ひと・まち交流館 京都 第4会議室
会場住所:
Google マップ
600-8127 京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1(河原町五条下る東側)ひと・まち交流館 京都 第四会議室
会場への行き方: 【バス】 市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車 【電車】 京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分 地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分 【車】 立体駐車場 最初の1時間410円、以後30分ごとに200円
69 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ