Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

最新情報

2013年度年次報告を掲載しました

2014年07月2日

オルター・トレード・ジャパン2013年度年次報告を掲載しました。 2013年度1年間のATJの活動をまとめていますのでご覧ください。

もっと読む

東ティモールのエルメラ県では、コーヒー収穫が本格化しています。

2014年06月30日

5月下旬~6月上旬にかけて、ATT(オルター・トレード・ティモール)現地代表のエバンジェリーノさんとコーヒー事業マネージャーのルシオさんが、エルメラ県のコーヒー生産者コミュニティを訪ねて、美味しいコーヒーづくりのためのパーチメント加工ワークショップを開催しました。

もっと読む

パレスチナの行政拘禁された人々のハンガーストライキに大きな動きがありました

2014年06月27日

海外メディアで、行政拘禁者のハンガーストライキが終了したとの報道が出ています。 この状況の確認をとるため、UAWCに連絡を入れたところ、 「6月24日にハンガーストライキは終了した模様」 「詳細に関しては、現在確認中」 「UAWCは、ファラージさんを始めとした行政拘禁された人々のハンガーストライキを国内、世界の人々が支援をして頂いたことに敬意を表している」 「まだ、行政拘禁制度を止めるためのキャンペーンは継続している」 との返答がありました。

もっと読む

パナイ島のバランゴンバナナ栽培の先駆者は・・・~ワニト&ロサリンダ夫妻~

2014年06月27日

ワニト・バラヨンさん(68歳)ロサリンダ・バラヨンさん(71歳)夫妻は、11人の子どもを育て上げました。末っ子はまだ16歳で高校生ですが、上の10人全員大学教育まで受けさせることができました。

もっと読む

イスラエル大使館にパレスチナの行政拘禁者について嘆願書を届けました。

2014年06月26日

6月23日、ATJ、APLA、8つのパートナー生協・団体の連名で、イスラエル大使館に、UAWCのファラージさんを含むパレスチナの行政拘禁者のハンガーストライキを憂慮する嘆願書を書留で送りました。6月26日午後2時に受け取り予定となっております。6月24日、同嘆願書をファックスでイスラエル大使館に届けました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ