Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

最新情報

台風24号のフィリピンでの被害状況について

2012年12月11日

今月初めに台風24号(フィリピン名:PABLO)がフィリピン南部に上陸し、甚大な被害が生じました。フィリピン東方沖に発生した台風は、バナナ産地があるミンダナオ島北部、ネグロス島南部を通過しました。

もっと読む

エコシュリンプでオルタナティブな食を
クッキングスタジオBELLE料理教室

2012年12月6日

11月13日、生活クラブ・クッキングスタジオBELLEで、エコシュリンプ20周年記念クラス料理教室「エビをおいしく~えびたっぷり和のメニュー~」が開催されました。メニューは、お正月の装いをしたエコシュリンプでした。エコシュリンプのむきみを使った“えびしんじょうのお椀”、棒書紙を巻いたように見せる“棒書揚げ”は、まるで内掛をまとったかと思えるエコシュリンプでした。

もっと読む

イベント報告4:パプア・チョコレートの挑戦
民衆交易とパプアのカカオ

2012年12月3日

パプアとのカカオの民衆交易の実現に最初から携わってきたオルター・トレード・ジャパン取締役の堀田がこのカカオの民衆交易とは何かを語ります。それは苦いカカオから始まります。苦いカカオとは?

もっと読む

イベント報告3:パプア・チョコレートの挑戦
きまぐれやシェフ吉田さんの提案

2012年12月3日

カカオ、といえばチョコレート、しかし、きまぐれやの出張シェフ吉田さんにかかるとカカオはもっと変幻自在な食材になってきます。パプアのカカオをどう日々の料理に活かすか、誰でもできる料理法を提案していただきました。

もっと読む

イベント報告2:パプア・チョコレートの挑戦
パプア現地で今

2012年12月3日

イベント:パプア・チョコレートの挑戦~現地パートナーを迎えて~の報告。 パプアでのカカオ栽培の歴史や今回のカカオ事業をなぜ始めたのか、現地の人びとの思いを現地の農民を支援するパプア農村発展財団(YPMD)代表のデッキー・ルマロペンさんにお聞きしました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ