Main Menu

人から人へ、手から手へ

畑で遊ぶ子どもたちから見えたバランゴンの意味

2014年02月25日

バランゴンバナナの畑で遊ぶ子どもたち、こんな風景が特別な風景であることにフィリピン駐在してから気がつきました。現地報告

もっと読む

台風30 号(ヨランダ)被害からの復興プロジェクトが始まっています。~パナイ島北部~【229号】

2014年02月1日

バランゴンバナナ産地のなかで、昨年11 月8 日の台風ヨランダの最も大きな被害を受けたパナイ島では、バランゴンバナナ生産者の被害状況の確認も兼ねてATC(オルター・トレード社)による緊急救援物資の配布が行われました。11 月末には米やマスコバド糖などの詰め合わせセット1200 家族分を配布しました。

もっと読む

バランゴンバナナ栽培に取り組んで16年!北ルソン(ルソン島)ソウミル地域・ネストールさんの紹介【228号】

2014年01月1日

ビラベルデ・ソウミル地域はルソン島北部でバランゴン交易がはじまった当初からの産地の1 つです。多くのバランゴンバナナは標高400m 以上の山の斜面などに植えられており、バナナ栽培に適しています。

もっと読む

2013年フィリピン・ボホール島地震、台風30号被災及び支援状況について現状のまとめ(スライド)

2013年12月24日

この間報告しました、2013年フィリピン・ボホール島地震、台風30号被災及び支援状況について現状をわかりやすくスライドでまとめました。引き続きご支援の程お願い致します。

もっと読む

今年9月に、フィリピン・ミンダナオ島からバナナ生産者が来日。消費者との交流会を行いました。

2013年12月13日

フィリピン・ミンダナオ島からバランゴンバナナ生産者が来日しました。ミンダナオ島の状況のなかで、バランゴンバナナ民衆交易がどのような意義をもっているのか、ネグロス島とは異なる「バナナ民衆交易」の新たなコンセプトを語ってくれました。

もっと読む

ATCは、支援が行き届かないネグロス島北部の台風ヨランダ被災者に、救援物資を届けました(第7報)。

2013年12月9日

ネグロス島北部のサガイ市やカディス市の海岸沿いに住む人々は、台風ヨランダによる甚大な被害を被りました。国や地方行政の支援が届かないなかで、オルター・トレード社(ATC)は、救援物資を届けました。

もっと読む