Main Menu

人から人へ、手から手へ

バランゴンバナナ

民衆交易バナナ
バランゴンバナナ Balangon Banana


『バランゴンバナナ』には2つの顔があります。
ひとつは、自然を守りながら化学合成農薬を使用せずに栽培され安心してお楽しみいただけるおいしいバナナ。もうひとつは、フィリピンの農民たちの自立を応援する「民衆交易」商品としての顔。
『バランゴンバナナ』が民衆交易品として初めて日本に届けられたのが1989年。それは、フィリピンのネグロス島で飢餓とたたかいながら子どもたちに人間らしい生活を残したいと頑張る人びとと、「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、生産者と消費者、南と北の共生をめざす日本の人びとの出会いから生まれました。
『バランゴンバナナ』を味わうことは、フィリピンの生産者たちの暮らしを応援し、共生の地球環境づくりへとつながっています。
今、『バランゴンバナナ』は、ネグロス島だけでなくフィリピン各地で栽培されています。南の生産者と日本の消費者を「顔の見える関係」で結ぶバランゴンバナナ民衆交易の輪は、さらに広がっています。

個人で購入希望の方はこちらまで

店舗や卸業者等の方はこちらまで

117,081 views

最新情報

【バナナニュース323号】大型台風22号(フィリピン名:オデット)がバナナ産地を通過

2022年01月25日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース323号】大型台風22号(フィリピン名:オデット)がバナナ産地を通過 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース323号】大型台風22号(フィリピン名:オデット)がバナナ産地を通過

ネグロス島及びボホール島が大きな被害を受け、多くのバナナが倒されました。ネグロス島では、葉が切れるなども含めると、約9割の株が被害を受け、ボホール島は全滅してしまいました。台風からの回復は6~10ヵ月かかると見込まれています。

もっと読む

明らかになった産地の被害全容―台風オデット被害状況【第2報】

2022年01月11日 Featured, バランゴンバナナ 明らかになった産地の被害全容―台風オデット被害状況【第2報】 はコメントを受け付けていません

明らかになった産地の被害全容―台風オデット被害状況【第2報】

昨年12月16日夜から17日にかけてフィリピンを直撃した台風22号(フィリピン名:オデット)の続報です。バランゴンバナナ、マスコバド糖の産地でも多くの被害が出ています。

もっと読む

【バナナニュース322号】動画”バランゴンバナナが届くまで”をご紹介

2021年12月23日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース322号】動画”バランゴンバナナが届くまで”をご紹介 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース322号】動画”バランゴンバナナが届くまで”をご紹介

生産地を訪問している気分になれるバーチャルツアーのような動画が出来ました!生産者の生活や畑の様子が分かり、買い取り、箱詰め作業も見ていただくことができます。ぜひご覧ください!

もっと読む

台風22号によるフィリピンの被害状況について

2021年12月22日 バランゴンバナナ, マスコバド 台風22号によるフィリピンの被害状況について はコメントを受け付けていません

台風22号によるフィリピンの被害状況について

非常に強い台風22号(フィリピン名:オデット)が12月16日夜から17日にかけてフィリピンを直撃し、フィリピン中部のビサヤ地域で特に大きな被害が出ています。

もっと読む

【バナナニュース321号】生産者たちのクリスマス

2021年12月3日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース321号】生産者たちのクリスマス はコメントを受け付けていません

【バナナニュース321号】生産者たちのクリスマス

国民の約9割がキリスト教を信仰するフィリピンでは、9月頃からクリスマスを迎える準備が始まります。家族や友人の集まり、忘年会、クリスマスパーティーの準備で、人びとの間にワクワクした空気が流れますが、コロナ禍になり2回目のクリスマスを迎える今年は様々なことが規制され、静かなクリスマスを迎えようとしています。

もっと読む

【バナナニュース320号】コロナ禍での教育事情<農村編>

2021年10月27日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース320号】コロナ禍での教育事情<農村編> はコメントを受け付けていません

【バナナニュース320号】コロナ禍での教育事情<農村編>

フィリピンでは、現在国内すべての公立・私立学校に「遠隔教育システム」が導入されています。前号と今号では、バランゴンバナナやマスコバド糖の生産地であるネグロス島の都会と農村での教育事情をご紹介しています。今回は、農村部に住むサトウキビ農家2家族にコロナ禍での学校教育について自分たちや子どもたちが直面している心情や困難について聞きました。

もっと読む

【バナナニュース319号】コロナ禍の教育事情<都会編>

2021年09月29日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース319号】コロナ禍の教育事情<都会編> はコメントを受け付けていません

【バナナニュース319号】コロナ禍の教育事情<都会編>

フィリピン・ネグロス西州州都のバコロドで実施されている私立学校のオンライン学習と在宅学習の様子をお届けします。 バナナ出荷団体の子育て中のスタッフが、パンデミックの時代に学校教育を続けるために、自分たちや子どもたちが直面している心情や困難について語ってくれました。

もっと読む

【バナナニュース317号】風に弱いバナナ:台風シーズン到来

2021年08月6日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース317号】風に弱いバナナ:台風シーズン到来 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース317号】風に弱いバナナ:台風シーズン到来

バナナは強風にとても弱い植物です。強風に遭うと、実をつけたバナナは倒れてしまい、実をつける前のバナナも葉が切れて光合成が十分に行えずに、その後になる実が生育不良となります。ミンダナオ島のレイクセブ町では、4月末以降の断続的な強風によって、収穫量が減少傾向に入っていて回復には数か月かかる見込みです。

もっと読む

【バナナニュース316号】バランゴンバナナのひんやり黒糖寒天

2021年07月20日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース316号】バランゴンバナナのひんやり黒糖寒天 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース316号】バランゴンバナナのひんやり黒糖寒天

黒糖の甘みの中にバナナの酸味と触感がアクセントに。 ひんやりツルっと食べられるので、夏のおやつに最適です。 簡単に作れるのでぜひチャレンジしてみてください。

もっと読む

【バナナニュース315号】コロナ禍での生産者の暮らし ~ミンダナオ島~ その②

2021年06月28日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース315号】コロナ禍での生産者の暮らし ~ミンダナオ島~ その② はコメントを受け付けていません

【バナナニュース315号】コロナ禍での生産者の暮らし ~ミンダナオ島~ その②

コロナ禍の影響について、今回はミンダナオ島の若い生産者に話を聞きました。フィリピンでは、6月に入り都市部に遅れる形でバランゴンバナナの産地がある地方でも感染拡大が起きています。

もっと読む