Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,196 views

最新情報

デッキーさんの「民衆交易の家」物語

2017年03月30日 パプア デッキーさんの「民衆交易の家」物語 はコメントを受け付けていません

デッキーさんの「民衆交易の家」物語

「カカオキタ:私たちのカカオ」の代表をしているデッキーです。“私たち”とは生産者と消費者のことで、同じ家のなかにいて、お互いに学び合います。生産者は消費者を思い、農薬や化学肥料を使わないカカオを作っています。消費者はATJを通して、このカカオはよいかどうかを生産者に伝えます。

もっと読む

バナナニュース264号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島マキララ~

2017年03月17日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース264号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島マキララ~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース264号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島マキララ~

ミンダナオ島コタバト州マキララは2013年からバランゴンバナナを出荷している産地です。多国籍企業の水源地近くへのプランテーション拡大を阻止するために買い上げられた土地にバランゴンバナナを栽培しています。化学合成農薬、化学肥料を使用せず、持続可能な農業を目指すバランゴンバナナ民衆交易は、生産者にとってオルタナティブな地域産業になりうる可能性を持っています。

もっと読む

アフリカのルワンダからWomen’s Coffeeがやってきます!

2017年03月8日 Women's Coffee, コーヒー アフリカのルワンダからWomen’s Coffeeがやってきます! はコメントを受け付けていません

アフリカのルワンダからWomen’s Coffeeがやってきます!

アフリカのルワンダからWomen's Coffeeがやってきます。これは女性たちが持つ農園で女性たちが育て、女性が摘んだコーヒー豆です。そして女性の名前でみなさまの元に届けられます。

もっと読む

バナナニュース263号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島ツピ~

2017年02月27日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース263号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島ツピ~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース263号:バランゴンバナナ産地紹介 ~ミンダナオ島ツピ~

ミンダナオ島ツピは、2002年からバランゴンバナナを出荷している産地です。ネグロス島などのバランゴンバナナ圃場とは違い、区画された平地の畑でバランゴンバナナを栽培している生産者が多くいます。一部の産地は山奥にあり、収穫したバナナを馬などで運び出している生産者もいます。

もっと読む

バランゴンバナナ産地で、アミハン(季節風)が発生しました。

2017年02月24日 バランゴンバナナ バランゴンバナナ産地で、アミハン(季節風)が発生しました。 はコメントを受け付けていません

バランゴンバナナ産地で、アミハン(季節風)が発生しました。

昨年末から産地では干ばつ被害から回復して、バランゴンバナナは豊作を迎え、生産者もひと安心していました。ところが、新年を迎えて1月からアミハンと呼ばれる北東季節風が強風となって吹き荒れています。バランゴンバナナは強風に弱く、その被害を受けて出荷数量が減少しています。

もっと読む

バナナニュース262号:バランゴンバナナ産地紹介~北ミンダナオ~

2017年01月27日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース262号:バランゴンバナナ産地紹介~北ミンダナオ~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース262号:バランゴンバナナ産地紹介~北ミンダナオ~

北ミンダナオは、2006年からバランゴンバナナを出荷している産地です。タバコやフィリピンで人気のラカタン種のバナナなどの換金作物が植えられている地域ですが、バランゴンバナナの畑の多くは山間部に位置しており、多くが零細農家です。

もっと読む

パレスチナ:オリーブの木、2000本が破壊される

2017年01月20日 Featured, オリーブオイル パレスチナ:オリーブの木、2000本が破壊される はコメントを受け付けていません

パレスチナ:オリーブの木、2000本が破壊される

パレスチナのカルキリヤ県で、イスラエル軍がパレスチナ農民のオリーブの木、2000本を破壊しました。オリーブオイルの出荷団体、パレスチナ農業開発センター(UAWC)は、イスラエル軍による暴力行為を止めるよう国際社会に呼びかけるアピールを出しました。

もっと読む

チョコレートナイト2017、開催決定!

2016年12月21日 パプア チョコレートナイト2017、開催決定! はコメントを受け付けていません

チョコレートナイト2017、開催決定!

1夜限り!「愛のあるチョコレート」の深い魅力を、おいしく感じられるイベントのお知らせです。

もっと読む

ラオスの師走

2016年12月20日 コーヒー, ラオス ラオスの師走 はコメントを受け付けていません

ラオスの師走

年に一度のコーヒー収穫シーズンを迎えた12月は、ラオスでも生産者は大忙し。外から親戚や出稼ぎの人も手伝いに来て、活気にあふれた村の様子をお伝えします。

もっと読む

有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修

2016年12月15日 エコシュリンプ, レシピ 有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修 はコメントを受け付けていません

有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修

なんで?エビは殻が剥いてあるのと、剥いてないのが、あるのだろ? 不思議に思うことはないだろうか?むきみ、殻つき、有頭と、いろいろありますが、今回は有頭殻つきエビを使いこなしてみよう。ところで、剥いてからが「オ・タ・ノ・シ・ミ」ということをご存知だろうか?

もっと読む