Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,835 views

最新情報

ラオスの師走

2016年12月20日 コーヒー, ラオス ラオスの師走 はコメントを受け付けていません

ラオスの師走

年に一度のコーヒー収穫シーズンを迎えた12月は、ラオスでも生産者は大忙し。外から親戚や出稼ぎの人も手伝いに来て、活気にあふれた村の様子をお伝えします。

もっと読む

有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修

2016年12月15日 エコシュリンプ, レシピ 有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修 はコメントを受け付けていません

有頭殻つきエコシュリンプの使いこなし ~お楽しみは殻をむいてから~ 吉田友則シェフ監修

なんで?エビは殻が剥いてあるのと、剥いてないのが、あるのだろ? 不思議に思うことはないだろうか?むきみ、殻つき、有頭と、いろいろありますが、今回は有頭殻つきエビを使いこなしてみよう。ところで、剥いてからが「オ・タ・ノ・シ・ミ」ということをご存知だろうか?

もっと読む

バナナ・プランテーションでの農薬空中散布を止めて! ~ドキュメンタリー・フィルム「毒の雨」(日本語版)~

2016年12月2日 バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ バナナ・プランテーションでの農薬空中散布を止めて! ~ドキュメンタリー・フィルム「毒の雨」(日本語版)~ はコメントを受け付けていません

バナナ・プランテーションでの農薬空中散布を止めて! ~ドキュメンタリー・フィルム「毒の雨」(日本語版)~

フィリピン、ミンダナオ島にあるバナナ・プランテーションの一つで行われている農薬の空中散布。多くの住民が反対している問題を描いたフィルムです(約11分半、日本語字幕付き)。ぜひ、ご覧ください。

もっと読む

バナナニュース261号:バランゴンバナナ産地紹介 ~北ルソン~

2016年12月2日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース261号:バランゴンバナナ産地紹介 ~北ルソン~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース261号:バランゴンバナナ産地紹介 ~北ルソン~

バナナニュース261号:ルソン島北部にあるヌエバ・ビスカヤ州とイフガオ州は、バランゴンバナナの産地の1つです。バランゴンバナナは、生産者にとって定期的な現金収入源だけではなく、作り手も食べても安心できるバナナです。また、バランゴンバナナを通じて、様々な人が繋がり、良好な関係を築き、生活の質の向上のため協力し合っています。

もっと読む

エコシュリンプの押し寿司(ライスサラダ)      ~吉田友則シェフ監修~

2016年11月25日 エコシュリンプ, レシピ エコシュリンプの押し寿司(ライスサラダ)      ~吉田友則シェフ監修~ はコメントを受け付けていません

エコシュリンプの押し寿司(ライスサラダ)         ~吉田友則シェフ監修~

吉田友則シェフ監修の『エコシュリンプのオリーブオイル煮をトッピングした簡単押し寿司のレシピ』です。盛り付け方次第で、お洒落な一品に大変身。パーティメニューにもぴったりです。お好みの具材を使ってエコシュリンプをお楽しみください。

もっと読む

バナナニュース260号:干ばつ被害からバランゴン復活!豊作です!!

2016年11月16日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース260号:干ばつ被害からバランゴン復活!豊作です!! はコメントを受け付けていません

バナナニュース260号:干ばつ被害からバランゴン復活!豊作です!!

大規模なエルニーニョ現象に伴う深刻な干ばつ被害から、バランゴンバナナの収量がようやく復活しました!日本の皆さん、今後も安心・安全なバナナをがんばって栽培していきますので、これからもバランゴンバナナをよろしくお願いします!

もっと読む

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

2016年11月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ はコメントを受け付けていません

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

米国の子どもたちにアレルギーや自閉症が急増しています。食に入り込んだ遺伝子組み換えやモンサントの農薬に問題があると多くの人たちが考え始め、それを排除することで改善するケースが報告されています。Moms Across America(アメリカ中の母親たち)という市民団体を創設したゼン・ハニーカットさん(Zen Honeycut)にお話を伺いました。

もっと読む

バナナニュース259号: バランゴンバナナ産地紹介~レイクセブ~

2016年10月25日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース259号: バランゴンバナナ産地紹介~レイクセブ~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース259号: バランゴンバナナ産地紹介~レイクセブ~

ミンダナオ島南部の南コタバト州にあるレイクセブは、2006年からバランゴンバナナを出荷している産地です。標高は500m以上、高いところでは1,000m以上あり、住民の約65%はオボ族、ティボリ族といった先住民族、残りの35%が他島からの移民です。バランゴンバナナ生産者の多くも先住民族です。これまでの採集生活から作物を栽培する農業に取り組み始めました。

もっと読む

東ティモールでの2016年コーヒー収穫

2016年10月19日 コーヒー, 東ティモール 東ティモールでの2016年コーヒー収穫 はコメントを受け付けていません

東ティモールでの2016年コーヒー収穫

東ティモールのATTスタッフのエバンさんとルシオさんは、今年の5月、コーヒー豆の収穫を控えた産地のコミュニティ訪問をして収穫準備に忙しくしていました。6月には収穫が本格化し、生産者もスタッフも「全体的には2016年の作柄は良さそう」と予想したとおり、今年は作柄も品質もよかったようです。また、今年は新しい生産者からの出荷も開始されました。

もっと読む

【イベント案内】10月21日「パプアのカカオ・チョコレート」学習会

2016年10月13日 パプア 【イベント案内】10月21日「パプアのカカオ・チョコレート」学習会 はコメントを受け付けていません

【イベント案内】10月21日「パプアのカカオ・チョコレート」学習会

インドネシア・パプア州より、現地法人「わたしたちのカカオ」社代表デッキー・ルマロペンが来日します。この機会に、カカオが産地でどのように生産されているか、そのカカオからチョコレートがどのように製造されているか、また、カカオ生産者の暮らしや抱えている課題など現地のカカオ事業の取組みをご紹介する学習会を開催いたします。ぜひご参加ください。

もっと読む