Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

11,853 views

最新情報

フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか? ミンダナオ訪問団報告

2016年09月12日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか? ミンダナオ訪問団報告 はコメントを受け付けていません

フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか? ミンダナオ訪問団報告

スーパーにならぶバナナのほとんどはフィリピン・ミンダナオのプランテーションで作られています。鶴見良行さんが『バナナと日本人』(岩波新書)でプランテーションでの農薬散布や過酷な労働条件を告発されてから30年あまりがたちましたが、今のプランテーションはどうなっているのでしょうか? 9月初頭に現地を訪れた訪問団がその生々しい実態を報告します。ぜひご参加ください!

もっと読む

【バナナニュース257号】バランゴンバナナ産地紹介 ~東ネグロス州~

2016年08月18日 バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース257号】バランゴンバナナ産地紹介 ~東ネグロス州~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース257号】バランゴンバナナ産地紹介 ~東ネグロス州~

東ネグロス州のバランゴンバナナ生産者の多くは零細農家であり、バナナから得た現金収入は、日用品(食品・衣服・石鹸など)の購入費用や子供の学校までの交通費などに活用されています。バランゴンバナナ以外に、ココナッツ、トウモロコシ、多品種のバナナを植えている生産者が多くいます。

もっと読む

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

2016年07月25日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成 はコメントを受け付けていません

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

ハンサリムによって『遺伝子組み換えルーレット』韓国語版が企画され、それがこのたび、完成し、韓国でも今後、全国的に上映会が開かれることになりました。

もっと読む

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」

2016年07月20日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ セミナー「農薬、プランテーションと私たち」 はコメントを受け付けていません

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」

アジアでの農薬規制に長く関わってこられてきた田坂興亜氏を講師に招き、農薬がどのような被害を作り出すのか、そしてアジアでどのような使用規制をめざして取り組みが行われてきたのか、また、プランテーションでの農薬問題について、お話を伺います。ぜひ、ご参加ください。

もっと読む

【バナナニュース256号】ミンダナオ島ツピの干ばつ被害状況

2016年07月15日 バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース256号】ミンダナオ島ツピの干ばつ被害状況 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース256号】ミンダナオ島ツピの干ばつ被害状況

フィリピン、ミンダナオ島は例年にない深刻な干ばつに見舞われました。大規模なエルニーニョ現象とフィリピンの乾季が重なったという要因もあります。そうしたなかで、干ばつの被害を最も受けたバランゴンバナナ産地は、ミンダナオ島南コタバト州のツピ地域です。生産者から話を聞いてきました。

もっと読む

バナナニュース255号:パナイ島で新しいパッキングセンター稼働!

2016年06月9日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース255号:パナイ島で新しいパッキングセンター稼働! はコメントを受け付けていません

バナナニュース255号:パナイ島で新しいパッキングセンター稼働!

2016年4月、パナイ島のバランゴンバナナ産地の近くに、収穫をしたバナナを箱詰めするパッキングセンターを設置しました。「これでパナイ島で箱詰めすることができるようになったので、バナナの品質が良くなるでしょう」と、開所式でATC社長のヒルダ氏は述べました。

もっと読む

NGO「インドネシア保全(KOIN)」のゴミ回収プログラム活動

2016年05月24日 エコシュリンプ NGO「インドネシア保全(KOIN)」のゴミ回収プログラム活動 はコメントを受け付けていません

NGO「インドネシア保全(KOIN)」のゴミ回収プログラム活動

エコシュリンプを加工するオルター・トレード・インドネシア社(ATINA)と地元のエビ生産者が協力して立ち上げたNGO「インドネシア保全(KOIN)」はこの地で粗放型養殖が持続的に行えるように、環境保全の取り組みをしています。KOINは2015年により、シドアルジョの養殖池地域に接する村でのゴミ回収プログラムに取り組んでいます。

もっと読む

バナナニュース254号:フィリピンで干ばつ!!~バランゴンバナナ産地被害状況~

2016年05月2日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース254号:フィリピンで干ばつ!!~バランゴンバナナ産地被害状況~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース254号:フィリピンで干ばつ!!~バランゴンバナナ産地被害状況~

大規模なエルニーニョ現象とフィリピンの乾季(12-5月)が重なり、フィリピンでは干ばつおよび高温に見舞われています。バランゴンバナナも被害を受け、収量が減少しています。特に被害が大きいのはミンダナオ島ツピであり、ツピがある南コタバト州では、非常事態宣言が出されています。

もっと読む

バナナニュース253号:バランゴンバナナが日本に届くまで⑥~バナナのリパック~

2016年04月15日 バナナニュース, バランゴンバナナ バナナニュース253号:バランゴンバナナが日本に届くまで⑥~バナナのリパック~ はコメントを受け付けていません

バナナニュース253号:バランゴンバナナが日本に届くまで⑥~バナナのリパック~

収穫されてから長い旅路を経て日本の港に到着したバランゴンバナナは、通関手続きをしてムロでの追熟加工が行われます。ほどよく色づけされたバナナは、皆さんの注文規格に合わせて小分けされ、袋づめが行われます。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん講演報告

2016年03月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 ジェフリー・M・スミスさん講演報告 はコメントを受け付けていません

ジェフリー・M・スミスさん講演報告

遺伝子組み換えと健康被害の関連について教育活動を国際的に精力的に行っているジェフリー・M・スミスさんを日本に招き、2月に福岡、京都、東京でのセミナーを開催しました。まずはジェフリーさんの講演資料を共有します。

もっと読む