Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,817 views

最新情報

世界で始まるモンサントの農薬残留検査

2015年04月23日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 世界で始まるモンサントの農薬残留検査 はコメントを受け付けていません

世界で始まるモンサントの農薬残留検査

 今回、世界の遺伝子組み換え問題に関わる市民のグローバルなネットワークであるGlobal GMO Free Coalitionを通じて、フィード・ザ・ワールド(Feed The World)というプロジェクトが立ち上がりました。このプロジェクトは世界の市民に対して、グリホサートの母乳、尿、水道水の検査を有料で提供することで、市民自身が自分の体内、いつも使っている水道水の中にグリホサートが含まれているかどうかを知ることができるようにするものです。

もっと読む

【バナナニュース242号】伝統的な箒が作られている村、カンルソン

2015年04月21日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース242号】伝統的な箒が作られている村、カンルソン はコメントを受け付けていません

【バナナニュース242号】伝統的な箒が作られている村、カンルソン

ネグロスのバナナ産地、カンルソンは箒の産地としても知られています。材料はタイガーグラスと呼ばれる年1回だけ刈り取りできるススキに似た草です。

もっと読む

オルター・トレード社(ATC)が直販店「フェアトレードプラス」を開店~フィリピン、バコロド市~

2015年04月20日 Featured, バランゴンバナナ オルター・トレード社(ATC)が直販店「フェアトレードプラス」を開店~フィリピン、バコロド市~ はコメントを受け付けていません

オルター・トレード社(ATC)が直販店「フェアトレードプラス」を開店~フィリピン、バコロド市~

「フェアトレードプラス」ではマスコバド糖と関連商品はもちろん、フィリピン国内の加工食品、野菜も販売しています。「プラス」という名前にはフェアトレードを超えて、持続可能な農法で作られた農産物やその加工品を地域で販売していくという意味が込められています。

もっと読む

【バナナニュース241号】台風ヨランダ復興支援完了報告

2015年04月17日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース241号】台風ヨランダ復興支援完了報告 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース241号】台風ヨランダ復興支援完了報告

2013年11月、台風ヨランダで被災したフィリピン、パナイ島のバランゴンバナナ産地での復興支援活動を写真で紹介します。

もっと読む

遺伝子組み換えイネ: ゴールデン・ライスの危険

2015年04月17日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 遺伝子組み換えイネ: ゴールデン・ライスの危険 はコメントを受け付けていません

遺伝子組み換えイネ: ゴールデン・ライスの危険

ここのところ、遺伝子組み換え米、ゴールデン・ライスをめぐって騒がしくなってきています。ゴールデン・ライスについてその問題をまとめました。

もっと読む

マリで国際アグロエコロジー・フォーラム

2015年03月24日 アグロエコロジー, 世界のオルタナティブ マリで国際アグロエコロジー・フォーラム はコメントを受け付けていません

マリで国際アグロエコロジー・フォーラム

2015年2月24〜27日、アフリカのマリ共和国のニェレニで国際アグロエコロジー・フォーラムが開かれました。このフォーラムは昨年9月ローマで開催された国際アグロエコロジー・シンポジウムを受けて、開催されたもので、マリの小農民組織を中心に、アフリカの小農民組織、漁民組織、先住民族組織に加え、ラテンアメリカの団体も関わって開かれたものです。

もっと読む

パレスチナ・ガザ地区支援活動報告~日本からの第一回めの送金額で、600家族を越える人々に生活必需品が届けられました~

2015年03月18日 オリーブオイル パレスチナ・ガザ地区支援活動報告~日本からの第一回めの送金額で、600家族を越える人々に生活必需品が届けられました~ はコメントを受け付けていません

パレスチナ・ガザ地区支援活動報告~日本からの第一回めの送金額で、600家族を越える人々に生活必需品が届けられました~

パレスチナのオリーブオイルの出荷団体であるUAWC(パレスチナ農業開発委員会)及びPARC(パレスチナ農業復興委員会)に、昨年10月末にガザ地区支援金の第一回め送金として、それぞれ1,343,716円を送りました。UAWCとPARCより、日本からの支援金で行われた具体的な活動の報告が届きました。

もっと読む

東ティモール:水源保全ワークショップが開催されました。

2015年03月5日 コーヒー, 東ティモール 東ティモール:水源保全ワークショップが開催されました。 はコメントを受け付けていません

東ティモール:水源保全ワークショップが開催されました。

今年2月13日~15日の3日間にわたり、エルメラ県のコーヒー産地でもあるフィトゥンカイタノ地域で、水源保全ワークショップが開催されました。地域の人びとが乾季の水不足を何とかしようと取りくんでいるプログラムですが、コーヒー生産においても水は重要です。

もっと読む

【わたしたちのカカオ日記】「カカオキタに悪い豆は恥ずかしくて出せないよー。」~2015年収穫シーズン始まる~

2015年03月4日 Featured, パプア 【わたしたちのカカオ日記】「カカオキタに悪い豆は恥ずかしくて出せないよー。」~2015年収穫シーズン始まる~ はコメントを受け付けていません

【わたしたちのカカオ日記】「カカオキタに悪い豆は恥ずかしくて出せないよー。」~2015年収穫シーズン始まる~

パプアでは2015年収穫シーズンに入りました。今日は、デムタ郡のカカオ産地への買い付け。生産者とのおしゃべりは、お互い心を通わせることを実感できる大切なプロセスです。

もっと読む

念願だった野生バナナを食べる

2015年03月3日 Featured, バランゴンバナナ 念願だった野生バナナを食べる はコメントを受け付けていません

念願だった野生バナナを食べる

フィリピン駐在になってほぼ2年になる黒岩竜太が、ようやく野生のバナナを食することができました。感激の(?)レポートです。

もっと読む