Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,837 views

最新情報

国際家族農業年で問われる日本の政策

2015年01月6日 アグロエコロジー, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 国際家族農業年で問われる日本の政策 はコメントを受け付けていません

国際家族農業年で問われる日本の政策

11月24日に立教大学経済研究所主催で開催された「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道ーフランス農業開発研究国際協力センター(CIRAD)の研究者を迎えて」に続き、参議院議員会館でフランスのCIRADの研究者と共に、院内集会で日本の状況が報告されました。

もっと読む

東ティモールから、今年収穫されたコーヒー豆が無事に日本に届きました。

2014年12月26日 コーヒー, 東ティモール 東ティモールから、今年収穫されたコーヒー豆が無事に日本に届きました。 はコメントを受け付けていません

東ティモールから、今年収穫されたコーヒー豆が無事に日本に届きました。

東ティモールのATT(オルター・トレード・ティモール社)は、品質改善を最重要の課題に据えて、2014年の年明けから生産者と議論を重ね、取り組みをしてきました。ATT代表のエバンさんとコーヒー事業マネージャーのルシオさんがエルメラ県にある19のコーヒー生産者グループを全部まわり、美味しいコーヒーをつくるためのパーチメントの加工方法を再度指導しました。

もっと読む

台風クイニー ネグロスとボホールのバナナ産地に打撃

2014年12月25日 Featured, バランゴンバナナ 台風クイニー ネグロスとボホールのバナナ産地に打撃 はコメントを受け付けていません

台風クイニー ネグロスとボホールのバナナ産地に打撃

11月27日、台風クイニーがフィリピン中部を横断、強風によりネグロス島とボホール島のバナナ産地で大きな被害が出ました。

もっと読む

出荷目前のバランゴンに被害 ~台風22号パナイ島被災状況~

2014年12月24日 Featured, バランゴンバナナ 出荷目前のバランゴンに被害 ~台風22号パナイ島被災状況~ はコメントを受け付けていません

出荷目前のバランゴンに被害 ~台風22号パナイ島被災状況~

12月7日、フィリピン、パナイ島を台風22号(ルビー)が襲い、出荷目前のバランゴンが多数被害を受けました。

もっと読む

【バナナニュース238号】 ボイさん・アナさん一家の物語⑥ ~長女リゼルの結婚式~

2014年12月12日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース238号】 ボイさん・アナさん一家の物語⑥ ~長女リゼルの結婚式~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース238号】 ボイさん・アナさん一家の物語⑥ ~長女リゼルの結婚式~

ボイさん、アナさんの長女リゼルが、12月2日にめでたく結婚しました!「娘の幸せな姿を見ることができて、本当に幸せだ」と二人。ボイさん・アナさん、そして新婚のリゼル・ロネルにメッセージに是非メッセージをお送り下さい!

もっと読む

台風22号によるフィリピンでの被害状況に関して(第1報)

2014年12月8日 Featured, バランゴンバナナ 台風22号によるフィリピンでの被害状況に関して(第1報) はコメントを受け付けていません

台風22号によるフィリピンでの被害状況に関して(第1報)

昨年、フィリピンで7,000人以上の死者を出した台風30号(ヨランダ)の再来かと警戒された台風22号(現地名ルビー)。台風22号はフィリピン中部からルソン島南部を横断し、バナナやサトウキビ産地があるネグロス島、パナイ島は上陸を免れました。しかし、現地のバナナ出荷団体ATCによると、パナイ島産地のバナナはかなりの被害が出た模様です。ネグロス他の産地の被害状況については、現地から情報が届き次第、ご報告します。

もっと読む

パレスチナ・ガザ地区の状況と、オリーブオイルの出荷団体であるPARCとUAWCの支援活動の報告

2014年12月8日 オリーブオイル, 行政拘禁 パレスチナ・ガザ地区の状況と、オリーブオイルの出荷団体であるPARCとUAWCの支援活動の報告 はコメントを受け付けていません

パレスチナ・ガザ地区の状況と、オリーブオイルの出荷団体であるPARCとUAWCの支援活動の報告

ATJ/APLAの呼びかけに対して、多くの個人及び団体の皆様から支援金を寄せていただきました。ありがとうございました。パートナー団体であるPARC・UAWCは、厳しい状況下において西岸地区内の自治体と協力するだけでなく、自分たちの給料を切り崩すことでも費用を捻出し、ガザ地区の人々への救援物資を届け続けています。

もっと読む

オルター・トレード・インドネシア(ATINA)社が、インドネシア海洋水産省から「全国最優良エビ加工工場賞」を受賞しました。

2014年12月5日 エコシュリンプ, 産地リポート オルター・トレード・インドネシア(ATINA)社が、インドネシア海洋水産省から「全国最優良エビ加工工場賞」を受賞しました。 はコメントを受け付けていません

オルター・トレード・インドネシア(ATINA)社が、インドネシア海洋水産省から「全国最優良エビ加工工場賞」を受賞しました。

12月4日、ATINA社・ゼネラルマネージャーのハリーが、表彰式に参列しました。

もっと読む

「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道」セミナー報告

2014年12月4日 アグロエコロジー, バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ 「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道」セミナー報告 はコメントを受け付けていません

「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道」セミナー報告

2014年11月24日、立教大学経済研究所主催で「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道ーフランス農業開発研究国際協力センター(CIRAD)の研究者を迎えて」と題されたセミナーが開催されました。

もっと読む

パプアの森のカカオの物語Vol.1

2014年11月12日 Featured, パプア パプアの森のカカオの物語Vol.1 はコメントを受け付けていません

パプアの森のカカオの物語Vol.1

インドネシア・パプア州ジャヤプラ県のグニェム地方は、オランダが1950年代にカカオ栽培を始めた地域で、現在でも主要なカカオ産地として知られています。ATJにカカオを送り出している産地のひとつクライスゥ村は、グニェム地方の中でも特にカカオ生産が盛んな村です。

もっと読む