Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,841 views

最新情報

【バナナニュース237号】ボイさん・アナさん一家の物語⑤ ~旅行を通して見るフィリピン人の暮らし~

2014年11月12日 バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース237号】ボイさん・アナさん一家の物語⑤ ~旅行を通して見るフィリピン人の暮らし~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース237号】ボイさん・アナさん一家の物語⑤ ~旅行を通して見るフィリピン人の暮らし~

バランゴンバナナ生産者でありオルタートレード社(以下:ATC)のスタッフであるロッドジム・カトゥバイさん(通称:ボイさん)は10月21日~31日の計11日間、バランゴンバナナの消費者の皆さんと交流するために来日しました。ボイさんの来日が決まった時、家族はボイさんに、バランゴンバナナ生産者の代表として日本に行くことを誇りに思っていると喜んでくれたそうです。今回の日本滞在は、ボイさんにとって初めての海外。 今回は、ボイさんにフィリピン人の旅行の習慣や思いを聞いてみました。

もっと読む

パレスチナ自治区でのイスラエルの暴力行為がエスカレートしています~UAWCからの近況報告:2014年9月~

2014年10月21日 Featured, オリーブオイル, 行政拘禁 パレスチナ自治区でのイスラエルの暴力行為がエスカレートしています~UAWCからの近況報告:2014年9月~ はコメントを受け付けていません

パレスチナ自治区でのイスラエルの暴力行為がエスカレートしています~UAWCからの近況報告:2014年9月~

2014年7月のガザ空爆開始以降、特にヨルダン川西岸地区では、以前にも増して入植者による嫌がらせの他、イスラエルによる入植地建設などもエスカレートしています。

もっと読む

<バランゴン民衆交易公開セミナー> バランゴン生産者の素顔を探る -フィリピン、東ネグロス州編

2014年10月7日 バナナニュース, バランゴンバナナ <バランゴン民衆交易公開セミナー> バランゴン生産者の素顔を探る -フィリピン、東ネグロス州編 はコメントを受け付けていません

<バランゴン民衆交易公開セミナー>  バランゴン生産者の素顔を探る -フィリピン、東ネグロス州編

東ネグロス州でバランゴン交易が始まった当初から出荷団体であるオルター・トレード社(ATC)のフィールド・スタッフとして活動するロッドジム・カトゥバイ氏、そして今年8月に東ネグロス州の3つのバランゴン産地で調査を行った市橋秀夫氏、両名より生産者の素顔と暮らし、産地の特徴、生産者が抱える課題と可能性について報告してもらいます。東ネグロス州からのゲストの生の声、そして現地調査の報告を聞けるまたとない機会です。ぜひご参加ください。

もっと読む

【バナナニュース236号】ボイさん・アナさん一家の物語④ ~モノを超えた生産者と消費者の交流~

2014年10月3日 バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース236号】ボイさん・アナさん一家の物語④ ~モノを超えた生産者と消費者の交流~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース236号】ボイさん・アナさん一家の物語④ ~モノを超えた生産者と消費者の交流~

毎年、ネグロスではバランゴンバナナ生産者と消費者の交流が行われており、多くの消費者が東ネグロス州マンフヨッド町ロウア・カンダボン村も訪問しています。バランゴンバナナ生産者兼オルタートレード社(以下:ATC)のスタッフであるロッドジム・カトゥバイさん(通称:ボイさん)とパートナーのアナ・カトゥバイさんも多くの消費者と交流しており、これからも多くの消費者と交流していくことでしょう。  そして、今年の10月下旬には、ボイさんがバランゴンバナナの消費者の皆さんと交流するために来日します。ボイさんに、生産者と消費者の交流について、お話を伺いました。

もっと読む

UAWC(パレスチナ農業開発センター)はガザ緊急キャンペーンの第1パート(最初の緊急キャンペーン)を実施しました

2014年09月29日 オリーブオイル, 行政拘禁 UAWC(パレスチナ農業開発センター)はガザ緊急キャンペーンの第1パート(最初の緊急キャンペーン)を実施しました はコメントを受け付けていません

UAWC(パレスチナ農業開発センター)はガザ緊急キャンペーンの第1パート(最初の緊急キャンペーン)を実施しました

UAWC(パレスチナ農業開発センター)から、ガザ地区への緊急救援活動の報告が届きました。 ATJでは今後も、現地の復興状況等をお知らせいたします。 ATJ/APLAでは引き続き、ガザへの募金をお願いしています。

もっと読む

東ティモール:今年のコーヒー収穫も佳境を迎えています。

2014年09月12日 Featured, コーヒー, 東ティモール 東ティモール:今年のコーヒー収穫も佳境を迎えています。 はコメントを受け付けていません

東ティモール:今年のコーヒー収穫も佳境を迎えています。

東ティモールのエルメラ県では、まもなくコーヒーの収穫シーズンも終わりを迎えようとしています。ATT(オルター・トレード・ティモール)では、生産者グループからの乾燥させたパーチメント(コーヒーチェリーの果肉を除去しヌメリを洗い取ったコーヒー豆)の集荷が始まっています。

もっと読む

エコシュリンプ産地で、マングローブの植樹が進められています。

2014年09月3日 エコシュリンプ エコシュリンプ産地で、マングローブの植樹が進められています。 はコメントを受け付けていません

エコシュリンプ産地で、マングローブの植樹が進められています。

KOIN(エコシュリンプ生産者とATINA職員が組織しているNGO)とオルター・トレード・インドネシア(ATINA)は、2014年の共同プロジェクトとして、エコシュリンプの産地ジャワ島東部のシドアルジョとグレシックで「マングローブの植樹」プロジェクトを行っています。

もっと読む

PARC(パレスチナ農業復興委員会)は、ガザ地区への支援活動を行っています。

2014年08月29日 オリーブオイル, 行政拘禁 PARC(パレスチナ農業復興委員会)は、ガザ地区への支援活動を行っています。 はコメントを受け付けていません

PARC(パレスチナ農業復興委員会)は、ガザ地区への支援活動を行っています。

オリーブオイルの出荷団体のひとつPARC(パレスチナ農業復興委員会)より、8月21日付の報告が届きました。現地の被害状況、PARCの支援状況を報告致します。

もっと読む

【バナナニュース235号】ボイさん・アナさん一家の物語③ ~ボイ・アナさん一家から見る東ネグロス州の食文化~

2014年08月29日 バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース235号】ボイさん・アナさん一家の物語③ ~ボイ・アナさん一家から見る東ネグロス州の食文化~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース235号】ボイさん・アナさん一家の物語③ ~ボイ・アナさん一家から見る東ネグロス州の食文化~

東ネグロス州マンフヨッド町ロウア・カンダボン村のバランゴンバナナ生産者兼オルタートレード社(以下:ATC)のスタッフであるロッドジム・カトゥバイ(通称ボイ)さんとパートナーのアナ・カトゥバイさん。共働きのため、食事の支度は基本的に長女リゼル(23歳)の担当。リゼルは以前、小学校の臨時教員として働いていましたが、今は新しい職場を探し中。今回はリゼルに一家の食事について話しを聞きました。

もっと読む

エコシュリンプとにんにくのオリーブオイル炒め

2014年08月28日 エコシュリンプ, レシピ エコシュリンプとにんにくのオリーブオイル炒め はコメントを受け付けていません

エコシュリンプとにんにくのオリーブオイル炒め

エコシュリンプの美味しさは、シンプルな調理で味わっていただけます。エコシュリンプを一晩冷蔵解凍して、オリーブオイルと塩コショウだけで炒めるだけ。あとは、バジルやニンニクなどで風味を添えてお楽しみください。

もっと読む