Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,846 views

最新情報

オリーブ苗木を植樹してパレスチナ農民を応援します!

2012年11月22日 オリーブオイル オリーブ苗木を植樹してパレスチナ農民を応援します! はコメントを受け付けていません

オリーブ苗木を植樹してパレスチナ農民を応援します!

イスラエル占領下でパレスチナの農民は常に農地没収や、イスラエル軍や入植者の破壊行動に脅かされています。先祖代々大切に育ててきたオリーブ畑も同様です。そこで10月より、パレスチナのオリーブオイルを取り扱ってくださっている(株)大地を守る会と共同で、オリーブの苗を植えて農地を守っていくために基金積立てを始めました。

もっと読む

東ティモール:脱穀、選別、いよいよ日本へ輸出

2012年11月16日 コーヒー, 東ティモール 東ティモール:脱穀、選別、いよいよ日本へ輸出 はコメントを受け付けていません

東ティモール:脱穀、選別、いよいよ日本へ輸出

前回の産地レポートでお伝えした大豊作の今年のコーヒー。 生産者から集荷した後、港のある首都ディリに送られ、2次加工が始まります。

もっと読む

【エコシュリンプ生産者来日】
国を越えた交流へ(野付訪問その2)

2012年11月14日 エコシュリンプ, エコシュリンプ20周年 【エコシュリンプ生産者来日】
国を越えた交流へ(野付訪問その2) は
コメントを受け付けていません

【エコシュリンプ生産者来日】国を越えた交流へ(野付訪問その2)

国際協同組合年である今年の「協同組合地域貢献コンテスト」で、215件の中から4件の最優秀賞に輝いた野付漁協。その取り組みは「植樹を通じた環境保全活動と生協との産直交流」です。そして今回、彼らが野付にお邪魔した最大の目的は、前日の資源管理型漁業について学ぶことに加え、植樹を通じた交流活動に他ならないのでした。

もっと読む

バランゴンバナナ民衆交易で、先住民族の自立と環境保全を!~ミンダナオ島レイクセブ地域~【214号】

2012年11月1日 バナナニュース, バランゴンバナナ バランゴンバナナ民衆交易で、先住民族の自立と環境保全を!~ミンダナオ島レイクセブ地域~【214号】 はコメントを受け付けていません

バランゴンバナナ民衆交易で、先住民族の自立と環境保全を!~ミンダナオ島レイクセブ地域~【214号】

ミンダナオ島レイクセブは標高も高く、先住民が多く暮らしています。持続可能でない方法での焼畑などにより森の環境破壊が進むなかで、先住民の支援活動を行っているアラー渓谷開発財団は、バランゴンバナナ民衆交易の取り組みを始めました

もっと読む

イベント:パプア・チョコレートの挑戦 ~現地パートナーを迎えて~

2012年10月26日 パプア イベント:パプア・チョコレートの挑戦 ~現地パートナーを迎えて~ はコメントを受け付けていません

イベント:パプア・チョコレートの挑戦 ~現地パートナーを迎えて~

長年「民衆交易」を通じて、バナナやエビ、コーヒーなど、アジアの農民と直接関わり合いながら、各地域の資源を生かし、南の生産者と日本の消費者を「顔の見える関係で」つないできた(株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)の商品に、新たにチョコレートが加わることになりました。

もっと読む

【エコシュリンプ生産者来日】
資源管理型漁業について学び、海の幸を堪能する(野付訪問その1)

2012年10月25日 エコシュリンプ, エコシュリンプ20周年 【エコシュリンプ生産者来日】
資源管理型漁業について学び、海の幸を堪能する(野付訪問その1) は
コメントを受け付けていません

【エコシュリンプ生産者来日】資源管理型漁業について学び、海の幸を堪能する(野付訪問その1)

今回のエコシュリンプ生産者来日の背景の一つは、野付植樹協議会の設立10周年を記念して2012年3月にインドネシアで行われた交流がきっかけでした。インドネシアで持続的なエビ養殖を営んでいるエコシュリンプ生産者に、今度は野付の資源管理型漁業を見せたい!という有難いお招きに預かり、この度の訪問が叶ったわけです。

もっと読む

東ティモール:今年は大豊作!

2012年10月18日 コーヒー, 東ティモール 東ティモール:今年は大豊作! はコメントを受け付けていません

東ティモール:今年は大豊作!

今年のコーヒー収穫は大豊作でした!!

もっと読む

ATJあぷらブックレット3 『パプア・チョコレートの挑戦』

2012年10月10日 パプア ATJあぷらブックレット3 『パプア・チョコレートの挑戦』 はコメントを受け付けていません

ATJあぷらブックレット3 『パプア・チョコレートの挑戦』

このたび株式会社オルター・トレード・ジャパン(ATJ)の民衆交易に新しい仲間が加わることになりました。それが、このブックレットで紹介するチョコレートとその原料のカカオ、そしてパプアの人びとです。

もっと読む

有機肥料は土を育てるんだって!?白菜についた虫を一匹ずつ摘むんですか?(バランゴン生産者のマカオさん、伊賀の有機農家を訪ねる)【213号】

2012年10月1日 バナナニュース, バランゴンバナナ 有機肥料は土を育てるんだって!?白菜についた虫を一匹ずつ摘むんですか?(バランゴン生産者のマカオさん、伊賀の有機農家を訪ねる)【213号】 はコメントを受け付けていません

有機肥料は土を育てるんだって!?白菜についた虫を一匹ずつ摘むんですか?(バランゴン生産者のマカオさん、伊賀の有機農家を訪ねる)【213号】

ネグロス西州パンダノン地域のバランゴンバナナ生産者のマカオさんが、三重県で有機農業に取り組む伊賀有機農産供給センターを訪ねました。

もっと読む

村のみんなで力を合わせてバナナ病害を乗り越えました。(ネグロス西州/DSB、パンダノン・バランゴンバナナ生産者協会)【212号】

2012年09月1日 バナナニュース, バランゴンバナナ 村のみんなで力を合わせてバナナ病害を乗り越えました。(ネグロス西州/DSB、パンダノン・バランゴンバナナ生産者協会)【212号】 はコメントを受け付けていません

村のみんなで力を合わせてバナナ病害を乗り越えました。(ネグロス西州/DSB、パンダノン・バランゴンバナナ生産者協会)【212号】

ネグロス西州パンダノン地域は、島の北部山岳地域の入り口にあります。ネグロス北部はかつて森林伐採が激しく今でもバランゴンバナナ栽培においては、旱魃や強風の影響を受けやすい状況にあります。

もっと読む