Main Menu

人から人へ、手から手へ

★東ティモール:概要

東ティモールの紹介(※国としての紹介/ティモ―ルについては、歴史なども入れるか、あくまで産地としての国の概要に留めるか、要検討)

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の 合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル
言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!

東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)
と呼んでいます。「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。
(2013年10月28日掲載)

10,843 views

最新情報

コーヒー生産者ノンルワン村のジョンさん fromラオス(PtoP NEWS vol.39 2020.08)

2020年08月29日 Featured, コーヒー, ラオス コーヒー生産者ノンルワン村のジョンさん fromラオス(PtoP NEWS vol.39 2020.08) はコメントを受け付けていません

コーヒー生産者ノンルワン村のジョンさん fromラオス(PtoP NEWS vol.39 2020.08)

ラオスで自然に寄り添ったコーヒーを作り続けているジョンさん。彼の丁寧な仕事ぶりはコーヒーのおいしさに表れます。ちょっとお茶目な一面も素敵です。

もっと読む

【バナナニュース305号】ミンダナオ島・南コタバト州のバランゴンバナナ生産者 パーフェクトさん・ノルマさん夫妻

2020年08月19日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース305号】ミンダナオ島・南コタバト州のバランゴンバナナ生産者 パーフェクトさん・ノルマさん夫妻 はコメントを受け付けていません

【バナナニュース305号】ミンダナオ島・南コタバト州のバランゴンバナナ生産者 パーフェクトさん・ノルマさん夫妻

今回は、フィリピン・ミンダナオ島で災害や病気を乗り越えバランゴンバナナ栽培を粘り強く続けているパーフェクト・クルスさん(68歳)と妻のノルマ・クルスさん(69歳)ご夫妻をご紹介します。

もっと読む

2020年08月18日 banana news コメントを受け付けていません

【バナナニュース306号】ミンダナオ島・マキララ地震 復興支援...

もっと読む

【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況④

2020年08月14日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況④ はコメントを受け付けていません

【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況④

フィリピンにおける感染状況とバランゴンバナナ産地での状況の続報④です。

もっと読む

四半世紀を越えてバランゴンバナナを作り続けて~西ネグロス州シライ地域の生産者たち~from フィリピン (PtoP NEWS vol.38 2020.06)

2020年08月13日 バランゴンバナナ 四半世紀を越えてバランゴンバナナを作り続けて~西ネグロス州シライ地域の生産者たち~from フィリピン (PtoP NEWS vol.38 2020.06) はコメントを受け付けていません

四半世紀を越えてバランゴンバナナを作り続けて~西ネグロス州シライ地域の生産者たち~from フィリピン (PtoP NEWS vol.38 2020.06)

シライ地域はもともと町へのアクセスが容易で、町で就職することもでき、生産物は地元市場に販売できる地域でした。しかし、バランゴンバナナの民衆交易を経験することでより安定した生計を立てることができるようになり、持続可能な農業への関心も高まったという話を農民たちから聞くことができました。

もっと読む

民衆交易産地における新型コロナウィルスの状況

2020年07月31日 エコシュリンプ, オリーブオイル, ゲランドの塩, コーヒー, パプア, バランゴンバナナ, マスコバド 民衆交易産地における新型コロナウィルスの状況 はコメントを受け付けていません

民衆交易産地における新型コロナウィルスの状況

世界的な感染拡大が続いている新型コロナウィルスの状況を産地ごとに時系列にまとめて報告します。

もっと読む

【バナナニュース304号】チャレンジ精神旺盛なレネボイさん ~西ネグロス州・シライ市パタグ地域のバランゴン生産者~

2020年07月22日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【バナナニュース304号】チャレンジ精神旺盛なレネボイさん ~西ネグロス州・シライ市パタグ地域のバランゴン生産者~ はコメントを受け付けていません

【バナナニュース304号】チャレンジ精神旺盛なレネボイさん ~西ネグロス州・シライ市パタグ地域のバランゴン生産者~

今回は、フィリピン・ネグロス島のバランゴンバナナ生産者レネボイさんをご紹介します。

もっと読む

広がれ!村でのゴミ回収システム~エコシュリンプを守り継ぐために~ from インドネシア(PtoP NEWS vol.37 2020.04 特集)

2020年07月21日 エコシュリンプ 広がれ!村でのゴミ回収システム~エコシュリンプを守り継ぐために~ from インドネシア(PtoP NEWS vol.37 2020.04 特集) はコメントを受け付けていません

広がれ!村でのゴミ回収システム~エコシュリンプを守り継ぐために~ from インドネシア(PtoP NEWS vol.37 2020.04 特集)

インドネシア・東ジャワ州で環境活動を続けてきたKOIN(エコシュリンプの製造・輸出を担うオルター・トレード・インドネシア社のスタッフとエビ養殖農民が立ち上げたNGO)は、日本の助成金や生協の支援を受けて、同州シドアルジョ県の複数の村で自治的なゴミ回収システムを作り上げようと奔走してきました。

もっと読む

【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況③

2020年07月6日 Featured, バナナニュース, バランゴンバナナ 【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況③ はコメントを受け付けていません

【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況③

フィリピンにおける感染状況とバランゴンバナナ産地での状況の続報③です。

もっと読む

2020年07月1日 banana news コメントを受け付けていません

...

もっと読む