Main Menu

人から人へ、手から手へ

【バナナニュース271号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~東ネグロス州パロマーさん~

【バナナニュース271号】バランゴンバナナ生産者紹介  ~東ネグロス州パロマーさん~

ニコラス・パロマーさん

ニコラス・パロマーさん

東ネグロス州ロウアカンダボン村のバランゴンバナナ生産者であるニコラス・パロマーさん。

バナナを生産するだけでなく、ロウアカンダボン村にあるバランゴンバナナ生産者協会であるカンダボン・バントリナオ・サルバション生産者協会(CBSFA)の事務局も務めており、地域の生産者のまとめ役です。

 

生協の組合員と交流をするロウアカンダボン村のバナナ生産者

生協の組合員と交流をするロウアカンダボン村のバナナ生産者

CBSFAは、他のネグロス島の生産者協会よりも活動的です。他の産地では、オルタートレードフィリピン社(ATPI)のスタッフが袋掛け等の栽培管理状況の確認を行っていますが、CBSFAでは自分たちで確認する仕組みを導入しています。将来的には、バランゴンバナナの集荷をATPIに頼らずに行えることを目指しています。

バナナの集荷に参加して房分けの技術を習得中

バナナの集荷に参加して房分けの技術を習得中

 

しかし、記録などを取ることに慣れていない生産者にとって、自分たちで集荷を行うことは簡単なことではありません。

ロウアカンダボン村のバランゴンバナナ生産者は、バナナの集荷を手伝いながら出荷基準を学んだり、会計や記録の取り方などを学びながら、少しずつ自分たちの目標に近づいています。

 

 

バナナの病気を防ぐために袋がけ前に花芽を摘み取ります。

バナナの病気を防ぐために、袋がけ前に花芽を摘み取ります。

「バナナを栽培していく上で、病害は大きな課題の1つです。」とニコラスさんは言います。

化学合成農薬を使用せずに育てているバランゴンバナナにとって、病害対策で重要なのは、早い段階で病気のバナナを発見し、対処していくことです。

例えば、バンチートップ病(BBTV)と呼ばれるウィルス性の病気に感染してしまうと、株が萎縮し、成長が阻害されます。放っておくと他のバナナにも感染するので、ロウアカンダボン村では「バヤニハン」と呼ばれている所謂「結」を通じて、BBTVのバナナの早期発見・抜き取りに取り組んでいます。

「バランゴンバナナは農家である私にとっては、とても重要な作物です。定期的な現金収入源であるだけでなく、地域の生産者の関係強化にも繋がっています。

私たちの生産者協会は地方政府にも認識されるようになり、政府との協同プロジェクトなどにも取り組んでいます。今後も、バランゴンバナナを通じて、日本の皆さんと良好な関係を築いていくことを望んでいます。」

ニコラスさん家族

ニコラスさん家族

 

事業部商品一課 黒岩竜太

 

読者アンケート

よろしければ、このニュースを読んだ感想をお聞かせください。生産者へのメッセージは生産者に伝えていきます。よろしくお願いいたします。

今回の記事の評価:
年齢:
性別:
バランゴンバナナを購入する頻度:
読みたい内容(複数可):
今後読みたい内容(ご自由にお書きください):
生産者へのメッセージあるいは質問などがあればお書きください。生産者に伝えていきます。
E-mail(任意):
画像の英数字を入力してください:

 

 

 

348 views
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ