Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

最新情報

新型コロナウイルス:コーヒー産地東ティモールでの物資支援

2020年05月20日

緊急事態宣言下の東ティモールで農民が直面している厳しい状況を少しでも和らげるため、コーヒー生産者への物資の支援が実施されました。

もっと読む

【バナナニュース302号】バランゴンバナナを作り続けて26年 ~ダクダオ地域の生産者エディさん~

2020年05月19日

今回は、フィリピン・ネグロス島で26年間バランゴンバナナを作り続けているエディ・パレンシアさん(69歳)をご紹介します。

もっと読む

【続報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の状況②

2020年05月11日

フィリピンにおける感染状況とバランゴンバナナ産地での状況の続報です。

もっと読む

【バナナニュース301号】フィリピンにおける新型コロナウィルスの状況

2020年04月17日

新型コロナウィルスの影響で、フィリピンでも経済活動に大きな影響が出ています。バナナ産地であるネグロス島ではロックダウンが続き、現在も人の移動が厳しく制限されています。

もっと読む

【バナナニュース300号】フィリピン・東ネグロス州のパーチェサー、エリザーさん

2020年03月27日

今回は、バランゴンバナナ産地ネグロス島のバナナ買い付け担当者「パーチェサー」の一人、エリザーさんをご紹介します。

もっと読む