Main Menu

人から人へ、手から手へ

塩の基礎知識

『ゲランドの塩』をより深く知っていただくために塩に関する様々な情報、役立つ知識をまとめました。
塩の「歴史」や「種類・分類」など興味深い内容が満載です!

塩の歴史 塩の種類・分類 栄養成分
世界の塩生産量 日本の塩消費量・輸入量 参考

塩の歴史

日本で塩が使われるようになったのは、縄文時代の終わりから弥生時代にかけてといわれています。狩りをして暮らしていた頃は、動物の肉だけではなく内臓や骨の髄まで食べていました。そのため、塩を別に取る必要がありませんでした。内臓や骨の髄に は多くの塩分が含まれているからです。その後、農耕、定住生活を行うようになると米などの穀物や野菜を主に食べるようになり、必要な塩分を塩から取るよう になったと考えられています。

日本は海に囲まれていますが、湿度が高く、平地面積が小さいため、海外のように塩田で1~2年もかけて塩を結晶させるという方法は採れず、塩を取るため に様々な工夫をしてきました。なお、塩を作る工程は採鹹(さいかん)と呼ばれる海水からかん水(濃い塩水)を採る段階と、煎熬(せんごう)と呼ばれるかん 水を煮詰めて塩にする段階を経て、脱水、塩の完成となります。

日本におけるもっとも古い塩作りの方法は、干した海草を焼いて残った塩の混ざった灰をそのまま使う方法です。6~7世紀になると干した海草に海水をか け、かん水(濃い塩水)を採るようになり、それを土器に入れて煮詰めて塩を作るようになりました。この方法は日本独特のもので「藻塩焼き」と呼ばれます。
8世紀、奈良時代になると、海草にかわって、塩分が付着した砂を利用してかん水を採る方法「塩地」にかわります。大潮で海水に浸った砂は、次の大潮まで の間に乾燥し、塩が砂につきます。この砂に海水をかけ、かん水を採るのです。煎熬にも土器にかわって、焼いた貝殻、灰、土を塩水で練って作った「土釜」が 使われるようになりました。

9世紀になると効率的に塩を得るため採鹹地に手を加えるようになり、「塩浜」の形に発達しました。地域の条件により、(干満差が大きい地域の干潟が発達 した内海や河口などが主なところで)干満の水位差を利用した「入浜式」の塩浜と(干満差が小さい日本海側や外海に面して波浪が荒い太平洋側が主な)人力で 原料海水をくみあげる「揚浜式」の塩浜のふたつに分けられます。煎熬にも土釜の他、釜底に石を敷き詰め、その隙間を漆喰でうめた「石釜」が多くの地域で使 われるようになったほか、それまでは中国産で一般的なものではなかった「鉄釜」が国産化され一部の地域で、使われるようになりました。

17世紀中旬になると、様々な工夫を施した「入浜式塩田」が播磨の国赤穂(今の兵庫県)で始まりました。以降、瀬戸内海沿岸の十カ国(備前、周防、讃岐 など)が日本の製塩の中心となり、「十州塩田」と呼ばれました。この入浜式塩田は改良されながら、1959年まで続きました。一方、入浜式塩田に不向きな 三陸地方では、採鹹工程を行わず、海水を直接煮詰める海水直煮と呼ばれる製塩も行われていました。

明治時代に入り、1905年塩の専売制が施行されます。これは、前年に始まった日露戦争の戦費調達を目的にしたものでしたが、後には低価格な外国産塩に 対し国内の製塩業の保護・育成、安定供給という面が強くなります。この専売制は1997年まで続きます。明治末頃になると、化学工業の発達や人口の増加に より、塩の需要が増え、国内産の塩だけでは不足するようになり、海外からの輸入が始まり、1938年の自給率は20%程度にとどまりました。昭和のはじめ になると鉄釜にかわって、蒸気利用式塩釜、真空式蒸発缶が導入され、まず、煎熬工程に改革がおこりました。

第二次世界大戦中、塩の生産は激減、輸入も困難となり、塩は割当配給制に、さらに非常時ということで自家用の塩の製塩も認められるほどでした。

戦争後1948年頃には採鹹工程も、海水を自然に移動、流下させるため労働力が従来の入浜式の10分の1で済む「流下式塩田」が始まり、1959年には 全ての塩田がこの方式に変わりました。しかし、工業化が進む中で効率的な塩の生産がさらに求められていました。1965年には日本で「イオン交換膜法」が 開発され、広がっていきました。これは、従来の方式とは全く異なり、電気を利用して海水から塩化ナトリウムを取り出すものです。1971年には塩業近代化 臨時措置法が制定され、全面的にこの方式に切り換えられました。一般企業が日本で塩の製造を行ったり、自由に輸入することも禁止するものでした。これは安 価で安定した供給だけではなく、沿岸部を工業・港湾用地として活用することも望んだ産業界の要請に応えたものとみなされています。しかし、塩田を全て廃止 し、塩化ナトリウムという高純度の塩のみを食用にすることには反対意見も多く、1973年には専売公社の輸入した塩ににがりを加えより自然塩に近い形の再 加工塩である「赤穂の塩」「伯方の塩」がその運動の中から生まれます。また、伊豆大島では「研究会」という形で1976年より海水からの自然塩の製造方法 の研究を行っていましたが、当時は独自に海水から塩をつくることが禁じられていたので、全量廃棄が義務づけられていました。

1997年には自由化の一環として92年間続いた塩専売法が廃止され、新たに塩事業法が施行され、塩の製造、販売、輸入(2002年より)が自由にでき るようになりました。世界各国から様々な塩が輸入されるようになり、塩製造者も増え、日本各地で様々な方法で塩づくりが行なわれています。


塩の種類・分類

すべてもともとは海水ですが、どこから採られるかにより3つに大別され、製法、ミネラルの添加等によりさらに細かく分類されます。

海塩 海水から採られた塩。
食塩 一般的に販売されている塩です。イオン交換膜透析法により、ナトリウムイオンとカリウムイオン抽出、濃縮し、真空蒸発缶により煮詰めて作られます。ミネラル等の添加はありません。
自然海塩 完全天日塩 海水を塩田や枝条流下式により濃縮し、太陽光と風だけで数ヶ月かけて結晶化させたもの(加熱は行いません)。
平釜塩 海水を塩田や枝条流下式により濃縮し、平釜で煮詰め結晶化させたもの。
再生加工塩 自然海塩加工 輸入した原塩ににがり等のミネラルを添加して成分調整を行ったもの。
イオン交換塩加工 イオン交換塩ににがり等のミネラルを添加して成分調整を行ったもの。
岩塩 岩塩は、大昔海だった場所が地殻変動などで陸地に閉じ込められ塩湖となり、その海水の水分が蒸発して次第に塩が結晶化し、その上に土砂が堆積してできた塩の層から採取されます。
溶解法岩塩 岩塩層に水を注入すること等により、濃い飽和塩水を作り、真空蒸発缶で結晶化したもの。さらに、ミネラルを添加したものと添加しないものとに分かれます。
採掘法岩塩 岩塩層に直接ボーリング、露天掘りをし、採掘したもの。
湖塩 昔、 海だった場所が地殻の変動によって次第に陸に閉じこめられ、そのうちに水分が蒸発して水の中の塩分濃度が高くなった湖が「塩湖」です。その濃い塩水をさら に蒸発させて塩分を結晶させ、「湖塩」がつくられます。また乾季に湖の水が自然に干上がり、塩の結晶があらわれる塩湖もあります。

栄養成分

エネルギー 水分 灰分 ナトリウム カリウム マグネシウム
0kcal 1.8g 98.2g 38000mg 55mg 73mg
(100g当たり/食品成分データより)

世界の塩生産量

塩生産量  全世界の塩生産量(2003年)は2億1,000万トンでした。そのうちの約3分の2は岩塩から生産されています。生産高の多い国はアメリカ(4370万 トン)、中国(3242万トン)、ドイツ(1570万トン)、インド(1500万トン)、カナダ(1335万トン)、この上位5カ国で世界総生産量の半分 ほどを占めています。日本は126万トンで24位です。

塩の輸出国はオーストラリア、メキシコ、カナダ、オランダ、ドイツです。一方、塩の主な輸入国は日本、アメリカ、ドイツ、カナダ、イタリアです。


日本の塩消費量・輸入量

日本の塩消費は年間約900万トン。自給率は15%程度でほとんどが輸入に頼っており、輸入量 は世界1です。主な輸入先はメキシコとオーストラリアです。日本での塩の消費の約80%は、ソーダ工業用、つまり塩をナトリウムと塩素に分解し、それを原 料として様々な工業用品をつくるため使われます。紙やアルミ、石鹸、ガラス・ホーロー製品、水道の消毒薬からコンパクトディスクまで塩を基礎原料として作 られているのです。その他皮のなめし、各種化学薬品の製造といった一般工業用にも利用されており、調味料や食品加工として使用されるのは約15%に過ぎません。


参考

72,047 views

最新情報

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、 塩づくりについて語る~その2~

2016年02月3日 ゲランドの塩 コメントは受け付けていません。

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、 塩づくりについて語る~その2~

塩職人のグレゴリー氏は、特に塩田の作業の話題になると、身振り手振りで本当に楽しそうに話をしてくれました。1000年を超える伝統を持つゲランドの塩は、現在、このような塩作りに魅了された職人たちの手で作り出されているのです。

もっと読む

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、塩づくりについて語る~その1~

2016年01月27日 ゲランドの塩 コメントは受け付けていません。

ゲランドの塩生産者グレゴリー・ピタールさん、塩づくりについて語る~その1~

ゲランドの塩生産者組合の組合長であるグレゴリー・ピタール氏、サリーヌ・ド・ゲランド社の代表であるロナン・ロワゾン氏の2名が来日しました。ご両名とも、パリで日本料理店に行ったことはありますが、本物の日本は初めて。短い滞在ではありましたが、現在のゲランド塩田の様子や、彼らの塩づくりに対する想いを語っていただきました。

もっと読む

ゲランド塩田:この10年の歩みと発展

2015年06月5日 ゲランドの塩 コメントは受け付けていません。

ゲランド塩田:この10年の歩みと発展

ATJがゲランドの塩の取り組みを開始してからの10数年間も、ゲランドの塩職人たちは綿々と塩田を復活させ、人材を育成し、自然と共生するゆるぎない地域事業としてゲランドの塩を育てています。そうしたこの10年間の「続ゲランドの塩物語」をコリン・コバヤシ氏がフランスからレポートします。

もっと読む

塩職人 ミシェル・コカールさんから便りが届きました。 「収穫の報告と秋・冬の塩職人たち」

2005年02月27日 ゲランドの塩 コメントは受け付けていません。

日本の皆さん、こんにちは。 我が家の塩田では、2004年の塩の収穫が9月の半ばに終りました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ