Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

最新情報

パルシステムの職員の皆さんが、ネグロスを訪問しました。

2014年03月25日

014年2月17日~21日、パルシステムグループから7名がバランゴンバナナの産地であるネグロス島を訪問しました。パルシステム東京と神奈川の会員生協職員、子会社のGPSとパルミートのスタッフ、そして連合会からの参加でした。「生協が民衆交易バナナに取り組む理由」を理解することが共通課題でした。

もっと読む

報告:『バナナと日本人』その後-私たちはいかにバナナと向き合うのか?

2014年03月20日

身近になったバナナという生産物がフィリピンでの民衆の権利侵害と危険な農薬散布を伴って行われていることを衝撃的に暴いた鶴見良行著『バナナと日本人』(岩波新書1982)が発行されてから30余年がたち、その現状はどう変わったのか、今後の私たちのバナナを通じたフィリピン民衆との関係はどうあるべきなのか、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)はその課題に取り組むべく、NPO法人APLAとともに調査活動を開始しました。

もっと読む

フィリピンの遺伝子組み換えによる被害をインドネシア農民に伝える

2014年03月10日

フィリピンで遺伝子組み換えトウモロコシが導入された後、農民がどう影響を受けたか、調査に基づき作られたドキュメンタリー『10年の失敗—GMコーンに騙された農民たち』に日本語版を作成し、先日公開しましたが、インドネシアで活動するATINA(オルター・トレード・インドネシア)のスタッフによって翻訳され、インドネシア語版が登場しました。

もっと読む

フィリピン・ボホール島地震被災者の救援活動

2014年03月6日

014年1月半ば、フィリピン・ボホール島の地震被災者であるバナナ生産者には、115個の浄水器や壊れた家の修復に必要な資材(セメント、ブロック、鉄棒、トタン板、ベニヤ板、釘など)が届けられました。

もっと読む

フィリピン・ボホール地震、ヨランダ台風被災者へのご支援ありがとうございました。

2014年03月6日

2013年10月にフィリピン・ボホール島沖で発生した地震、続く11月にフィリピン中部を襲った台風ヨランダへの被災者支援へのご協力、誠にありがとうございました。2月末時点での、支援金額を報告します。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ