Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

最新情報

エコシュリンプ生産者と日本の生産者の交流~BMW技術を通じて~

2013年12月27日

ATINA社との関わりの中でBMW技術に関心を持っていた彼らは、「どうしても日本でのBMW関連施設を直に見たい!」と懇願。家族と離れる時間が長くことも厭わず、来日予定を前倒しして、涸沼生体系再生プロジェクトと、㈱米沢郷牧場、ファーマーズ・クラブ赤とんぼを訪問させて頂く運びとなったのでした。

もっと読む

東ティモール・コーヒー生産者が、コーヒーの手入れワークショップに参加しました。

2013年12月27日

今年9月末、エルメラ県のコーヒー生産地域で、コーヒーの手入れに関するワークショップが開催されました。美味しいコーヒーをつくるために生産者たちの取り組みが始まりました。

もっと読む

パレスチナに100年に一度とも言われる大雪が降り、大きな被害が出ています。

2013年12月27日

パレスチナで100年に一度とも言われる大雪に見舞われました。大風を伴う吹雪で、農畜産関係でビニールハウスや牛小屋などがつぶされたり、オリーブの木など果樹にも被害をもたらしました。

もっと読む

2013年フィリピン・ボホール島地震、台風30号被災及び支援状況について現状のまとめ(スライド)

2013年12月24日

この間報告しました、2013年フィリピン・ボホール島地震、台風30号被災及び支援状況について現状をわかりやすくスライドでまとめました。引き続きご支援の程お願い致します。

もっと読む

エコシュリンプ生産者交流会報告

2013年12月20日

2013年10月、池干しの時期を利用して、エコシュリンプ生産者のホイルル・ウマムさん(通称イルルさん、33歳)とムジャヒディンさん(39歳)の2人が来日してくれました。関東と関西の7カ所の生協及び消費者団体でたくさんの消費者と出会い、エコシュリンプ料理を楽しみながら交流をしました。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ