取り扱い商品

コーヒー

coffee
コーヒー
ラオス
ATJのコーヒーの産地ラオス
フランス植民地時代に持ち込まれたコーヒーは、ラオスの主要な輸出作物です。ボラベン高原は、水はけのよい火山灰の土壌や昼夜の寒暖差の大きい気候など、コーヒー栽培に適した条件が揃っています。

知られざるアジアのコーヒー産地・ラオス

ラオスでは、フランス植民地だった1900年代初めにボラベン高原でコーヒー栽培が始まりましたが、大きな発展はありませんでした。1990年代に入ってからラオス政府が輸出品目としてコーヒーに注目し、国策としてコーヒー増産を計画しました。国際NGOオックスファムは2001年よりラオスのコーヒー生産者の収入向上を目指して生産者グループの組織化や品質改善の支援などを行い、生産者は品質の高いコーヒー豆を生産できるようになりつつありました。

しかし、コーヒー産地としての知名度が低いことから、海外に向けての販売は容易ではありませんでした。そこで、ATJの東ティモールでの活動を知ったオックスファムからラオスコーヒーの日本での販売について打診を受けたことがきっかけとなり、現地調査を経て2005年に輸入が始まりました。そして2009年に、同じボラベン高原でコーヒーを生産しているジャイ・コーヒー生産者協同組合(JCFC)と出会いました。

JCFCとの出会い、対等なパートナーへ

JCFCと出会ってから現在に至るまで、JCFCや生産者の置かれた様々な状況を確認した上で、コーヒーの価格や前払いの仕組み、ATJができるその他の対応について、対等な関係性のもとで毎年協議・交渉を重ねてきました。また、産地で生産者と直接コミュニケーションを取ることで、生産者との信頼関係の構築に努めてきました。

年に一度、3ヵ月ほどしか収穫できないコーヒーからの収入に頼っていた生産者たちは、収穫前には高利貸しでもある仲買人などからお金を借りざるを得ない状況にありました。そのため、まずは、コーヒー買い取り代金の一部を収穫前に支払う前払い制を取り入れました。また、JCFCの人件費や加工設備の電気代などの経費を支払えていなかったため、組合運営費用や組合が用途を検討して使うことができるプレミアムをコーヒー代金に上乗せして、できるだけ彼らに寄り添った長期的な関係の構築を目指してきました。プレミアムは加工設備や倉庫の建設などに使用されています。

広がるラオスコーヒーの可能性

日本のコーヒー専門店からの品質に対する意見を産地に届け、共に品質改善に取り組み、今では品質が安定してきています。コーヒーの品質に厳しい日本の会社が継続してJCFCから生豆を購入していることで、同様の価格や条件でJCFCと契約する海外の取引先が少しずつ増え、単なるコーヒーの取引に留まらないフェアトレードの考え方を広げる後ろ盾となっています。しかしながら、まだまだ生活が厳しく、端境期には遠方に出稼ぎに行く生産者も多いのが実情です。品質の良いコーヒーをより良い価格で販売したいという生産者の想いと共にラオスコーヒーの魅力を更に広げていきたいと考えています。

ATJレポート

産地の様子や生産者の声をはじめ、民衆交易に関わる人・もの・コトの情報をお届けします。

コーヒー
エクアドルコーヒー・ナチュラレッサ誕生物語 from エクアドル

エクアドル産コーヒー「ナチュラレッサ」が誕生するまでの物語。28年前、期待や不安と共にエクアドルで出会ったもの、商品化するまでの道のりを当時商品開発に携わったスタッフが振り返りました。

レポートを読む
コーヒー
東ティモール豪雨災害緊急支援活動へのご協力のお願い

姉妹団体APLAが活動を共にしてきた現地NGOが被災者への救援物資の配布を開始しました。APLAではこの緊急支援活動に対して支援金を送ることにし、募金を開始しました。

レポートを読む
コーヒー
コーヒー産地東ティモールで発生した大規模洪水につきまして ≪第2報≫

ディリ市内に事務所を構えるATTのスタッフは、数名の自宅が床上浸水などの被害を受けていますが無事が確認できました。

レポートを読む
コーヒー
コーヒー産地東ティモールで発生した大規模洪水につきまして≪第1報≫

2021年4月4日(日)未明からの豪雨の影響で、東ティモールの首都ディリで大規模な洪水が発生し、市内の広範囲が浸水による被害を受けました。現地の状況をご報告いたします。

レポートを読む
コーヒー
ペルーコーヒー生産者の再出発 from ペルー (PtoP NEWS vol.40. 2020.10)

2013年頃、ペルーを含めた中南米のコーヒー産地ではさび病の蔓延により生産量が激減、コーヒー生産者の暮らしに大きな影響を与えました。試行錯誤の末、チャウピマヨの生産者たちは今後に向けて、それぞれの土地に適した品種や栽培方法などを再検討するなど、回復を目指しています。

レポートを読む
コーヒー
コーヒー生産者ノンルワン村のジョンさん fromラオス(PtoP NEWS vol.39 2020.08)

ラオスで自然に寄り添ったコーヒーを作り続けているジョンさん。彼の丁寧な仕事ぶりはコーヒーのおいしさに表れます。ちょっとお茶目な一面も素敵です。

レポートを読む
「コーヒー」レポート一覧へ