Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

◆◆◆お知らせ◆◆◆

オリンピック・パラリンピック開催に伴うご発注に関してのお願い

オリンピック・パラリンピック開催に伴う交通規制があり、物流の遅延が予想されます。弊社物流倉庫も規制対象地域に含まれており、対象期間中は影響を受ける恐れがあります。詳しくは以下をご覧ください。

【オリンピック・パラリンピック開催に伴うご発注に関してのお願い】

また、開催期間外ではありますが、8月のお盆休みについてもご案内いたします。長期間に渡りご迷惑をおかけしますが、ご発注・納品に際してご理解とご協力を頂けます様お願い申し上げます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

★個人のお客様のご購入はこちらから
APLA SHOPAPLA SHOP

APLANPO法人APLA

アジア民衆基金(APF)互恵のための
アジア民衆基金

最新情報

オリーブの植樹=農地を守ること

2013年02月15日

ヨルダン川西岸地区北部にあるアクラバ村。1月20日、地元の60名の農民らが2,000本ものオリーブの苗を植えました。

もっと読む

アクラバ村でオリーブの苗を植樹しました。

2013年02月1日

1月20日、UAWC(パレスチナ農業開発センター)が支援するアクラバ村のオリーブ生産者がオリーブの苗を植樹しました。植樹活動については現地紙でも伝えられました。

もっと読む

新しく3つのサトウキビ生産者組合が加わりました

2013年02月1日

マスコバド糖の民衆交易の理念に共鳴する3つの生産者組合が新たに産地として加わりました。農地改革で土地を手にしたナカラン及びマリア・セシリア生産者組合、バランゴンバナナを出荷するパンダノン生産者組合です。

もっと読む

台風後生産者は力強く生活しています!~台風後の東ネグロス州生産者の状況~【217号】

2013年02月1日

12 月初旬にフィリピンに上陸した台風24 号により、バランゴンバナナの畑は大きな被害を受け、生産者の日々の生活に影響を与えています。

もっと読む

チョコラ デ パプア ビデオメッセージ

2013年01月30日

パプアの先住民族コミュニティが大切に育てたカカオで作ったチョコラ デ パプア、いよいよ、日本で発売が始まりました。 オルター・トレード・ジャパンの津留が初めてカカオの出荷をオール・パプア(すべてのプロセスをパプア先住民族自身が行なう)で取り組んだ意義を語ります(冒頭のみフリッカー[画面のちらつき]が少し出ますがご容赦ください)。

もっと読む