Main Menu

人から人へ、手から手へ

オルター・トレード・ジャパンにようこそ!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっていますが、その交易を支配しているのはごく少数の機関や企業です。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通じて「現状とは違う」、つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

★個人のお客様のご購入はこちらから
APLA SHOPAPLA SHOP

APLANPO法人APLA

アジア民衆基金(APF)互恵のための
アジア民衆基金

最新情報

生活クラブ関西が第4回ネグロス交流ツアーを実施しました。

2013年07月6日

6月24日~29日、訪問地はバコロド市内視察、バランゴンバナナ及びマスコバド糖用サトウキビ産地のネグロス西州パンダノン地域、カネシゲファーム・ルーラルキャンパス、そしてバランゴンバナナ産地のネグロス東州L.カンダボン地域、バナナ・パッキングセンターを訪問し生産者たちと交流しました。

もっと読む

大型台風からの回復。バナナの出荷量があと少しで元通りに!【222号】

2013年07月1日

 夏の訪れとともに台風のニュースもちらほら耳にするようになりました。バランゴンバナナの産地のフィリピンでも台風はいつも心配事。しかも日本より台風シーズンが長く、11 月、12 月に発生する台風は特に大型で影響が強いものです。昨年12 月の大型台風パブロの影響でバナナの出荷量が激減していた生産者も、ようやく出荷量が増えてきたようです。

もっと読む

東ティモール・コーヒー、エルメラ県タロ地域でいよいよコーヒーの出荷が始まりました。

2013年06月19日

東ティモールのエルメラ県タロ地域では長雨もあがり、コーヒーの収穫と加工作業に活気づいています。オルター・トレード・ティモール(ATT)のコーヒー事業責任者のルシオさんから一報が届きました。

もっと読む

ATJと生協組合員ワーカーズコレクティブが、いっしょに民衆交易コーヒーの学習会を行いました。

2013年06月19日

ATJと生協組合員ワーカーズによる『民衆交易コーヒー』の学習会が開催されました。

もっと読む

ATINAスタッフとエコシュリンプ生産者が共にマングローブの植樹をしました。

2013年06月18日

オルター・トレード・インドネシア(ATINA)のエコシュリンプ生産の監査担当者17人とエコシュリンプ生産者2人、合計19人でマングローブの植樹を行いました。

もっと読む