Main Menu

人から人へ、手から手へ

バランゴンバナナ

民衆交易バナナ
バランゴンバナナ Balangon Banana

[写真]バランゴンバナナ
『バランゴンバナナ』には2つの顔があります。
ひとつは、自然を守りながら無農薬で栽培され安心してお楽しみいただけるおいしいバナナ。もうひとつは、フィリピンの農民たちの自立を応援する「民衆交易」商品としての顔。
『バランゴンバナナ』が民衆交易品として初めて日本に届けられたのが1989年。それは、フィリピンのネグロス島で飢餓とたたかいながら子どもたちに人間らしい生活を残したいと頑張る人びとと、「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、生産者と消費者、南と北の共生をめざす日本の人びとの出会いから生まれました。
『バランゴンバナナ』を味わうことは、フィリピンの生産者たちの暮らしを応援し、共生の地球環境づくりへとつながっています。
今、『バランゴンバナナ』は、ネグロス島だけでなくフィリピン各地で栽培されています。南の生産者と日本の消費者を「顔の見える関係」で結ぶバランゴンバナナ民衆交易の輪は、さらに広がっています。

個人で購入希望の方はこちらまで

店舗や卸業者等の方はこちらまで



 

67,407 views

最新情報

【バナナニュース276号】バランゴンバナナの舞台裏 ~品質編2~

2018年04月3日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース276号】バランゴンバナナの舞台裏 ~品質編2~

バランゴンバナナには様々な課題がありますが、その1つが品質改善です。収穫から日本への輸出まで多くの工程を経ているため、品質がどの段階で悪くなるのか把握するのも簡単ではありません。2月末から3月にかけて、バランゴンバナナの輸出をしているオルタートレード・フィリピン社(ATPI)から、レイ氏、アーウィン氏の2名が来日して、バナナの品質問題の確認作業を行いました。

もっと読む

【バナナニュース275号】バランゴンバナナの舞台裏 ~品質編~

2018年03月2日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース275号】バランゴンバナナの舞台裏 ~品質編~

オルタートレードのマニラ事務所には、各島からバランゴンバナナが集まってきます。1000~2000箱のバナナはマニラ・スタッフによって再度検品され、国際船に積み込まれ、日本に送り出されます。

もっと読む

【バナナニュース274号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~西ネグロス州パタグ村のレニボイさん~

2018年02月5日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース274号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~西ネグロス州パタグ村のレニボイさん~

西ネグロス州パタグ村のレニボイ・ソムブリアさん。1998年からバランゴンバナナをオルタートレード社への出荷を開始、2012年からはスタッフとしても働いています。「オルタートレード社にバナナを販売しようと思った理由は、定期的にバナナを取りに来てくれることと、買付時に代金を支払ってくれるので生産者にとって確かな定期的現金収入となるからです」と話す、レニボイさん。

もっと読む

【バナナニュース273号】北ミンダナオのバランゴンバナナ生産者紹介 ~セルソ・ファベラさん~

2017年12月26日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース273号】北ミンダナオのバランゴンバナナ生産者紹介 ~セルソ・ファベラさん~

ミンダナオ島クラベリア町のバランゴンバナナ生産者、セルソ・ファベラ(Celso J. Fabela)さん。妻の病気で金策のために土地を使えなくなり、一時はバランゴンバナナの生産を中断しなければなりませんでしたが、子どもたちの協力でバランゴンバナナ栽培を復活させることができました。

もっと読む

【バナナニュース272号】バランゴンバナナ産地に、台風による強風で被害がありました。

2017年12月1日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース272号】バランゴンバナナ産地に、台風による強風で被害がありました。

今年10月に日本に多大な被害をもたらした台風21号。フィリピン名では台風パオロ(Paolo)と呼ばれ、フィリピンに上陸はしませんでしたが、この台風による大雨と強風により、10月中旬頃に一部のバランゴンバナナ産地に被害が出ました。

もっと読む

【バナナニュース271号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~東ネグロス州パロマーさん~

2017年10月26日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース271号】バランゴンバナナ生産者紹介  ~東ネグロス州パロマーさん~

東ネグロス州ロウアカンダボン村のバランゴンバナナ生産者であるニコラス・パロマーさん。バナナを生産するだけでなく、ロウアカンダボン村にあるバランゴンバナナ生産者協会の事務局も務めており、地域の生産者のまとめ役です。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.11/2017.2 特集】バナナ・プランテーションの現場から ~フィリピン・ミンダナオ島現地訪問で見えたもの~

2017年10月19日 バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.11/2017.2 特集】バナナ・プランテーションの現場から ~フィリピン・ミンダナオ島現地訪問で見えたもの~

南コタバト州ティボリ町には、約3,000ヘクタールの日系企業のバナナ・プランテーションが広がっています。2000年頃から標高500メートル以上の高地で次々と開発された「高地栽培バナナ」のプランテーションです。 自然な甘みをアピールする高地栽培バナナの多くが日本に輸出され、スーパーではプレミアムバナナとして高めの価格で販売されています。ティボリ町では、バナナ・プランテーションにおける農薬空中散布に反対している住民グループと交流しました。

もっと読む

【バナナニュース270号】今年はバランゴンバナナが豊作!

2017年09月29日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース270号】今年はバランゴンバナナが豊作!

今年は天候に恵まれ、幸いにも台風もなく、バランゴンバナナがたくさん収穫できています。生食だけでなく、ちょっとだけ手をかけて様々な食べ方をお楽しみください。

もっと読む

【バナナニュース269号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~東ネグロス州ギフルガン市ホマイホマイ村、レッジさん~

2017年09月7日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース269号】バランゴンバナナ生産者紹介 ~東ネグロス州ギフルガン市ホマイホマイ村、レッジさん~

レッジさんは2011年からバランゴンバナナの集荷担当スタッフとして働き始め、その後自分でもバランゴンバナナを栽培するようになりました。今後もバランゴンバナナ民衆交易が続いていくことを望んでいます。また、スタッフとして、他の生産者をサポートし、新たにバランゴンバナナを植える生産者を増やしていけるよう、努力をしていきます。

もっと読む

【バナナニュース268号】 バランゴンバナナ生産者紹介 ~西ネグロス州カンラオン市ダニーさん~

2017年07月31日 バナナニュース, バランゴンバナナ コメントは受け付けていません。

【バナナニュース268号】 バランゴンバナナ生産者紹介 ~西ネグロス州カンラオン市ダニーさん~

西ネグロス州カンラオン市のバランゴンバナナ生産者であるダニー・サビオさん(47歳)。2006年からバランゴンバナナの栽培を始め、バナナの手入れ栽培をバランゴンバナナ民衆交易から学んで、定期的な出荷ができるようになりました。また、農薬を使わない農作物の栽培にも関心を持つようになりました。

もっと読む