取り扱い商品

エコシュリンプ

Ecoshrimp
エコシュリンプ
インドネシア
エコシュリンプの産地インドネシア
ジャワ島東部から始まったエコシュリンプは、現在スラウェシ島を含む3つの地域に広がっています。収獲されたエビは東ジャワ州シドアルジョ県にある現地法人オルター・トレード・インドネシア社(ATINA)の工場で加工され、日本に輸出されます。

環境に負荷を与えないエビを求めて

私たち日本人は世界でも有数のエビ好きと言われています。1961年にエビの輸入自由化以降、エビの輸入量は急増し、日本向けのエビを確保するために、60~70年代は天然エビの乱獲が問題となりました。80年代に入り台湾でエビ養殖の技術が確立すると、集約型養殖が東南アジアの国々に広がり、マングローブ林などが養殖池に転換されていきました。また、そうしたエビは、大量の人工飼料と病気を防ぐ抗生物質を投与して育てられ、加工時にも黒変防止剤や保水剤が使用されていました。

「産地の環境に負荷を与えず、安心して食べられるエビ」を求め、『エビと日本人』(岩波新書/1988年)の著者である村井吉敬氏とインドネシアのエビ産地を訪ねました。そこでの エビ生産者との出会いから、エコシュリンプの交易が始まりました。

広がる産地と地域での活動

東ジャワ州グレシック県

スラバヤ市の北部に位置するグレシックでは、元々バンデン(英語名:ミルクフィッシュ)という魚の粗放養殖が行なわれており、1980年代初めよりエビの粗放養殖が盛んになりました。内陸部の養殖池では、ポンプ等で池の水を抜いて大人数での手づかみによる収獲が行われています。

1991年、このグレシックで、「土地は子孫からの預かり物」という考え方を持ってエビの粗放養殖に取り組む故ハジ・アムナン氏と出会いました。自然の循環や土地の生産力を活かした持続的な養殖方法に感動し、エコシュリンプの交易を始めるきっかけとなりました。

東ジャワ州シドアルジョ県

インドネシア第2の都市、東ジャワ州の州都スラバヤ市の南隣にあるシドアルジョは、300年以上も前からグレシック同様にバンデンの粗放養殖が盛んでした。1980年代初めにバンデンと一緒にブラックタイガーの稚エビを放流する粗放養殖が盛んになりました。

この地域では、潮の満ち引きで海水が内陸部まで入り込んでくる地形を利用して養殖池の水の入れ替えを行っています。また、遡上する(流れをさかのぼる)エビの習性を利用して、プラヤンと呼ばれる竹篭でできた仕掛けを水門付近に設置することでエビを傷つけることなく収獲します。

2012年にエコシュリンプ生産者とATINA職員が地域の環境保全のためにKOINという環境NGOを立ち上げ、環境教育活動やマングローブの植林を進めています。また、エコシュリンプ養殖池周辺の村落で取り組み始めた家庭ごみの回収プログラムは地域住民や首長にも評価され、今では複数の自治体と連携して実施しています。

スラウェシ島南部

南スラウェシ州の州都マカッサル市より車で3時間ほど北上したピンラン県の西側沿岸部には、多くのエビ養殖池があります。1980年代のエビ養殖ブーム以降、バンデンと混泳の粗放養殖が広く行われています。この地域ではバガンとよばれる定置網式の罠を仕掛け、集まったエビを手網等で掬い取る方式でエビを収獲します。

ATINAは「アジア・シーフード改良改善機構(ASIC)」と連携して養殖方法の改善や持続可能な環境管理、女性の地位向上をめざすプログラムを進めています。また、KOINの活動に触発された生産者たちは、2020年にKONTINUという環境NGOを設立し、ごみの回収プログラムを始めています。

ATJレポート

産地の様子や生産者の声をはじめ、民衆交易に関わる人・もの・コトの情報をお届けします。

エコシュリンプ
エコシュリンプ事業30年の歩み fromインドネシア

エコシュリンプの輸入が始まってから30年が経ちます。困難に直面しながらも、多くの方々の支えもあり、今日まで続けることができているエコシュリンプ事業の30年の歩みを、一緒に振り返っていきたいと思います。

レポートを読む
クロスオーバー
レシピ:ほくほく野菜とエコシュリンプのオリーブオイルグリル

秋も深まり温かいお料理が恋しくなるこの季節。秋の野菜とエコシュリンプをたっぷりのオリーブオイルでマリネしてグリルしたとっても簡単に出来ちゃうレシピをご紹介します。

レポートを読む
クロスオーバー
民衆交易産地における新型コロナウィルスの状況

世界的な感染拡大が続いている新型コロナウィルスの状況を産地ごとに時系列にまとめて報告します。

レポートを読む
エコシュリンプ
広がれ!村でのゴミ回収システム~エコシュリンプを守り継ぐために~ from インドネシア

インドネシア・東ジャワ州で環境活動を続けてきたKOINは、日本の助成金や生協の支援を受けて、同州シドアルジョ県の複数の村で自治的なゴミ回収システムを作り上げようと奔走してきました。

レポートを読む
クロスオーバー
ATJ30周年 広がる協同のネットワーク

2019年、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は創立30周年を迎えました。ネグロス島の人びとの自立を目指してマスコバド糖の民衆交易から始まり、現在では世界の生産者との協同のネットワークが広がっています。

レポートを読む
エコシュリンプ
粗放養殖は自然に近い環境がずっと残せるし、長く続けられる。スヘリさん(エコシュリンプ生産者)from インドネシア (PtoP NEWS vol.31 より)

スヘリさんは、インドネシアのジャワ島東部シドアルジョ県クパン村のエビ生産者。「エコシュリンプ」として日本に輸出されるブラックタイガーの養殖を始めて7年の若手です。エコシュリンプの養殖方法は「粗放養殖」。「粗放」という言葉から、放ったらかしにしているイメージがあるかもしれませんが、生産者は大変な手間暇かけてエビの養殖をしています。

レポートを読む
「エコシュリンプ」レポート一覧へ