取り扱い商品

マスコバド糖

Mascobado Sugar
マスコバド糖
“うまみがぎゅうっと詰まってる!”

コクがあるのにクセのないやさしい甘さのお砂糖です。
精製していないので、サトウキビ本来の風味が楽しめます。

マスコバド糖の原料となるサトウキビは、農地改革によって土地を手に入れたネグロス島の元サトウキビ農園労働者によって栽培されています。生産者たちは生産者協会を作り協同でサトウキビを栽培・出荷しています。有機農業や持続可能な農業に取り組み、サトウキビだけではなく作物と収入源の多様化を進め、お米や野菜も生産しています。

マスコバド糖の名前の由来はネグロス島で伝統的に作られていた製糖方法にあります。収穫されたサトウキビはマスコバド製糖工場との連携で計画的に収穫され、収穫後はできるだけ短時間内にジュースを搾り、煮詰めて濃縮し、攪拌しながら自然乾燥させて粉末の黒砂糖にします。
クセがなくコクがあり、あっさりした後味が特徴です。和洋中問わず、料理のうまみを引き出す調味料として日常的にご利用いただけます。

私たちがつくっています

エドウィン・ボンドーハさん メルセデス農民灌漑協会(MERFIA)
農地改革後に分配された土地で、農園労働者ではなく、独立した農民としてサトウキビ生産を始めました。しかし、資金がないなかでのスタートだったので、耕作用のトラクターや収穫作業の労賃の支払いなどの費用は借金で賄っていました。2012年に地域の仲間と生産者協会を立ち上げ、オルタートレード・フィリピン社と提携することで、低金利で資金調達ができたり、有機農業を学ぶことができるようになりました。作物多様化のための資金の提供も受け、コメ生産のための資金調達もできるようになりました。協会では自己資金を生み出す仕組みも作り、基金の設置や個人の貯蓄もすすめています。協会の基金を使って現在集会所を建設中です。

アイエリアン・エスパニョーラさん ナカラン農園労働者協会(NAFWA)
2012年にオルタートレード・フィリピン社と提携しマスコバド糖の生産者になりました。ヨーロッパ向けの販売ではフェアトレード認証を受け、プレミアムの恩恵を受けています。また、作物多様化のためのプロジェクトや研修があり、野菜の栽培や養鶏にも取り組んでいます。そのことにより、地域内には貯水槽や灌漑設備が整備され、NAFWAでは精米事業を運営し、サトウキビ以外の収入源が増えるなどの変化が生まれています。そして、何より自分たちの農場を自分たちで営農しているという自負があります。
個人的には、有機農業や簿記を学ぶことで得ることがたくさんありました。私以外にもメンバーの多くが研修で女性の権利について学び、目が開かれました。

アリエル・ハミリさん オルタートレード・フィリピン社製造部門(製造工場)
マスコバド糖を作ることにおいて、我々工場労働者も生産者の一員であります。私は仲間たちに常々「サトウキビ生産者たちのためにも、真面目に仕事に取り組み、いいものを作ることが大切だ」と伝えています。マスコバド糖の取り組みが始まった当初から消費者の皆さんがずっとサポートし続けてくれているのも知っています。この取り組みで小規模生産者を支えていくことが、私たちの仕事のミッションです。
日本の皆さん、これまで築いてきた関係と友情を今後とも深めていきたいと思っています。そのためにも、よりよいマスコバド糖をお届けするため、日々新しい製造技術などを学び続けていきたいです。

ATJレポート

産地の様子や生産者の声をはじめ、民衆交易に関わる人・もの・コトの情報をお届けします。

マスコバド糖
1枚の写真から「サトウキビ畑の小さな休憩所」

マスコバド糖の故郷、フィリピン・ネグロス島。
灼熱の太陽のが照りつけるサトウキビ畑には、収穫作業のつかの間のオアシスになる小さな休憩所があります。

レポートを読む
マスコバド糖
普段使いで楽しめる!〜担当者がおすすめするマスコバド糖の魅力〜

黒糖のコクのある風味と、すっと溶けるような丸くて優しい甘さ。ATJの歴史あるロングセラー商品であるマスコバド糖の担当に なって約半年、改めてマスコバド糖の魅力をお伝えします。

レポートを読む
クロスオーバー
明らかになった産地の被害全容―台風オデット被害状況【第2報】

昨年12月にフィリピンを直撃した台風22号の続報です。バランゴンバナナ、マスコバド糖の産地でも多くの被害が出ています。

レポートを読む
クロスオーバー
台風22号によるフィリピンの被害状況について

非常に強い台風22号が12月16日夜から17日にかけてフィリピンを直撃し、フィリピン中部のビサヤ地域で特に大きな被害が出ています。

レポートを読む
マスコバド糖
たくさんの人びとの手作業・手仕事で生み出されるマスコバド糖 from フィリピン

黒糖のような癖のない、白砂糖のような淡泊な味でもない、黒とも白とも似つかないこの不思議なお砂糖の由縁を知るために、2019年11月、産地であるフィリピン・ネグロス島を初めて訪れました。

レポートを読む
クロスオーバー
レシピ:キホンのATJ万能ドレッシング

ほんのひとつまみのマスコバド糖を最後に加えるのがキモ!な基本のドレッシングレシピです。
お好みの調味料を追加して色々アレンジもできます。

レポートを読む
クロスオーバー
民衆交易産地における新型コロナウィルスの状況

世界的な感染拡大が続いている新型コロナウィルスの状況を産地ごとに時系列にまとめて報告します。

レポートを読む
クロスオーバー
ATJ30周年 広がる協同のネットワーク

2019年、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は創立30周年を迎えました。ネグロス島の人びとの自立を目指してマスコバド糖の民衆交易から始まり、現在では世界の生産者との協同のネットワークが広がっています。

レポートを読む
マスコバド糖
マスコバド糖・品質改善の歩み【ハリーナno.37より】

今や品質や製造管理面で認証を取得したり、フィリピン国内で表彰されるほどに成長しました。現マスコバド糖製糖工場長は「日本の消費者との二人三脚の成果」と語ります。30年間の品質改善の歩みを伺いました。

レポートを読む
マスコバド糖
SAVE Negros:環境にやさしい持続可能な農村コミュニティづくり-その2-

『私たち大人が過去に経験してきた厳しい状況から、子どもたちを守る手段なのです』ダマ生産者協会がめざすことを聞きました。

レポートを読む
マスコバド糖
SAVE Negros:ネグロス、環境にやさしい持続可能な農村コミュニティづくり-その1―

零細農民や農地改革受益者の家族は、ある意味で食料危機にさらされています。ネグロス島のほとんどの耕作地にはサトウキビが植え付けられ、人々が必要な基本食料はネグロス島の外から買うという構造になっていることも大きな要因です。

レポートを読む
マスコバド糖
【PtoP NEWS vol.15/2017.06 ここが知りたい!マスコバド糖】マスコバド糖はブラウンシュガー?

なんとなくナチュラルな印象のブラウンシュガー、実は単なる「茶色い砂糖」の総称です。同じブラウンシュガーでもマスコバド糖って何が違うのでしょうか?

レポートを読む
「マスコバド糖」レポート一覧へ