取り扱い商品

バランゴンバナナ

Balangon Banana
バランゴンバナナ
つくる人と食べる人の、いのち・自然・暮らしを守るバナナです

バランゴンバナナには2つの顔があります。
一つは自然を守りながら化学合成農薬・化学肥料を使用せずに
栽培された安全・安心なバナナ。
もうひとつは、フィリピンの農民たちの暮らしを応援する
「民衆交易」商品としての顔です。

「バランゴン」とはフィリピンに自生するバナナの品種の名前です。ほんのりとした酸味と甘みが調和したコクのある味わいが特徴です。バランゴンバナナが民衆交易品として初めて日本に届けられたのが1989年。それは、フィリピンのネグロス島で飢餓とたたかいながら子どもたちに人間らしい生活を残したいと頑張る人びとと、「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、生産者と消費者の共生をめざす日本の人びととの出会いから生まれました。

バランゴンバナナを味わうことは、フィリピンの生産者たちの暮らしを応援し、人と人、人と自然が共生する持続可能な社会づくりへとつながっています。生産者と消費者の信頼関係をベースにしたバナナの交易を通して、お互いが「ともに生き、ともに働き、ともに暮らす」ことを実感できる経済活動の実現を目指しています。

私たちがつくっています

ダニーロ&ゲラルダ・サビナンさん 東ネグロス州シアトン町マンティケル村
私たちが住むマンティケルは、町から離れた山奥にあります。ここでバランゴンバナナを2013年から栽培しています。ナスやニガウリなどの野菜も育てていますが、町まで運ばないといけませんし、野菜は価格が安定していません。バランゴンバナナは、定期的に山奥まで買付に来てくれ、適切な価格で買い取ってくれるのでとても助かっています。3人の子どもたちも高校を卒業し、今は皆家を出て働いています。
バランゴンバナナの栽培で一番苦労することは、台風や干ばつなどの天候被害です。バナナは風に弱い作物で、また干ばつの被害を受けると回復に時間がかかります。それでも決してやめるつもりはありません。皆さんとの関係が今後も続くことを願って栽培を続けていきます。

レネボイ・ソムブリアさん ネグロス島西ネグロス州シライ市パタグ村
バランゴンバナナを販売しようと考えた理由は、定期的にバナナの買付に来てくれるので、町の市場まで自分で持っていく必要がなかったからです。また、買付時に代金を支払ってくれるのも助かります。収入全体の約3割をバランゴンバナナの販売が占めており、貴重な現金収入源です。
2012年からは現場スタッフとしても働いており、現在は地域開発担当として他の生産者のサポートをしています。地域開発担当の仕事は、生産者協会の組織強化、担当地域でのバナナの作付け拡大、農業技術のサポートなど多岐にわたります。午前中はスタッフとしての仕事を行い、午後は自分の畑で袋掛け、枯葉の除去、除草などの手入れ作業をします。忙しい毎日ですが、生産者のサポートにやりがいを感じています

モンディア・インボックさん ミンダナオ島マキララ町ブハイ村
1953年にブハイ村の先住民族バゴボ・タガバワの家庭に生まれました。生活が非常に苦しかったため、高等教育を受けることはできず、大家族の中で両親の農業を手伝うことになりました。
村の農業組合の代表を務めていて、そのことがきっかけでバランゴンバナナを出荷するプログラムを知り、2015年に他のバゴボ・タガバワの人びとと一緒にプログラムに参加しました。バランゴンバナナからの収入で、家族の日常生活に必要なものを賄っています。コツコツ貯めたお金で、バナナをパッキングセンターに運ぶバイクを購入しました。バゴボ・タガバワのコミュニティだけでなく、ブハイ村の入植者やイスラム教徒(先住民族マラナオ)とも共生し、良い暮らしをつくっていきたいと思います。

ATJレポート

産地の様子や生産者の声をはじめ、民衆交易に関わる人・もの・コトの情報をお届けします。

バランゴンバナナ
【バナナニュース331号】🍌ウェブサイトが新しくなりました🍌

リニューアルされたウェブサイトのご紹介です。

レポートを読む
バランゴンバナナ
バランゴンバナナにこの道具あり!

バランゴンバナナを箱詰めするパッキングセンターにある小さな観覧車のようなこちらの道具、一体何でしょう?

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース330号】 世界的な経済危機がやってきて~バナナ生産者の状況~

世界的な燃料高騰や食料価格などの上昇が続いていますが、フィリピンのバナナ生産者たちの生活にも大きな影響を与えています。

レポートを読む
バランゴンバナナ
みんなの力を合わせて乗り越える~台風オデットの被害を受けて~

昨年フィリピンを通過した大型台風22号により、産地では大きな被害を受けました。オルタートレード・フィリピン社社長のノルマ・ムガールさんに現地の復興状況を聞いてみました。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース329号】コロナ禍の教育事情~その後の最新情報/2022年~

コロナ感染拡大が世界的に広がった後、フィリピンでは2020年10月から「遠隔教育システム(課題学習)」が導入され、もうすぐ2年が経過します。都市部と農村部での最近の教育事情についてお伝えします。

レポートを読む
バランゴンバナナ
フィリピン 台風オデット復興事業<中間報告>

昨年12月フィリピン中部を直撃した台風により、ネグロス島のバナナとサトウキビ産地では甚大な被害が出ました。海外の関係団体からの支援をもとに進められている復興事業の進捗状況や台風から半年たった産地の様子を報告します。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース328号】<大型台風22号・その後4>結でバナナ畑の復興を

昨年の大型台風で大きな被害のあったフィリピン・ネグロス島では、日本をはじめとする海外のパートナーたちから届いたたくさんの支援金で、復興作業が進められています。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース327号】日本からのメッセージを届けました

アンケートでいただいたコメントや台風へのお見舞いのメッセージをネグロスに届けました。生産者や現場スタッフからもメッセージが届きましたのでご紹介します。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース326号】<大型台風22号・その後3>ボホール島のバナナ生産者たち

昨年12月に発生した台風は、産地の一つボホール島にも甚大な被害を与えました。被災から4ヵ月、多くの人がバナナだけに頼らず収入源を多様化することで、生活を成り立たせようとしています。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース325号】<大型台風22号・その後2>バナナの畑の回復と生産者

支援金を活用して新しく植え付ける苗や被害にあったバナナが早く回復するように鶏糞の配布が進んでいます。被災したネグロス島の生産者たちに近況を伺いました。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース324号】<大型台風 22 号・その後> 屋根材の配布を実施しました

大型台風22号が通過してから約2ヶ月半が経とうとしています。現地では海外パートナーである日本やヨーロッパから支援金が届き始め、家屋の被害にあった生産者に屋根材の配布が始まっています。

レポートを読む
バランゴンバナナ
【バナナニュース323号】大型台風22号(フィリピン名:オデット)がバナナ産地を通過

多くのバナナが倒され、ネグロス島では、葉が切れるなども含めると、約9割の株が被害を受け、ボホール島は全滅してしまいました。

レポートを読む
「バランゴンバナナ」レポート一覧へ