Main Menu

人から人へ、手から手へ

コーヒー

ATJのコーヒー
コーヒー ATJ’s Coffee

[写真]コーヒー
コーヒーは国際相場商品です。経済のグローバル化、自由貿易の拡大の影響を受け、零細農民の産地では“農業”そのものを失う事態が深刻化しています。
私たちは、イギリスのフェアトレード(公正貿易)団体TWINをはじめ、国内海外のNGOと共同で、世界各地の生産者とともに、自立のためのコーヒーへ取り組んでいます。
生産、流通、消費に関わるみんなでつくり、味わうコーヒーです。

●個人で 購入希望の方はこちらまで

●店舗や卸業者等の方はこちらまで

54,208 views

最新情報

ATJ商品を使ったレシピのご紹介

2018年07月25日 Featured, エコシュリンプ, オリーブオイル, ゲランドの塩, コーヒー, バランゴンバナナ, パプア, マスコバド, レシピ コメントは受け付けていません。

ATJ商品を使ったレシピのご紹介

現在、ATJのWEBでは、2つのレシピの特集を組んでいます。ATJの商品を愛用してくださる『きまぐれや』のシェフ、吉田友則氏によるおすすめレシピと、ATJの商品をこよなく愛する人ひとたちが、教えてくれたとっておきのレシピ、です。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.23/2018.02】女性たちがつくる未来への希望~ルワンダのコーヒー農園から~

2018年03月15日 コーヒー コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.23/2018.02】女性たちがつくる未来への希望~ルワンダのコーヒー農園から~

千の丘の国と呼ばれ、標高が高く、起伏がある土地を活かして高品質なコーヒーがつくられるルワンダ。ルワンダのコーヒー生産者協同組合KOPAKAMA(コパカマ)では、180名の女性たちが集まり、2010年に組合で購入した1.5ヘクタールの農園でコーヒーの栽培・加工を始めました。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.9/2016.12 特集】ルワンダコーヒーにご注目!    

2017年07月28日 Women's Coffee, コーヒー コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.9/2016.12 特集】ルワンダコーヒーにご注目!    

アフリカ中央部に位置するルワンダは、「千の丘の国」と呼ばれるほどに多くの丘陵が連なっています。その丘の連なりで標高1460メートルの高地、キヴ湖の東岸で、コパカマ協同組合のコーヒー生産者たちは、「ルワンダの虐殺」の傷跡から立ち上がろうとさまざまな取り組みをしています。

もっと読む

【PtoP NEWS Vol.14 縁の下の力持ち 】 タオ・トンパチャンさん(ラオス/JCFC)

2017年05月31日 コーヒー, ラオス コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS Vol.14 縁の下の力持ち 】 タオ・トンパチャンさん(ラオス/JCFC)

タオ・トンパチャンさん、ラオスのコーヒー生産者とオルター・トレード・ジャパン(ATJ)とのコミュニケーションを助けてくれる、大切な架け橋の存在です。タオさん自身もコーヒーを栽培し、コーヒーを美味しく淹れることにも興味を持ち、美味しいコーヒーを誇りを持ってお薦めもするというコーヒーのプロです。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.4 特集】ラオスのコーヒーって、こんなコーヒー!

2017年05月25日 コーヒー, ラオス コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.4 特集】ラオスのコーヒーって、こんなコーヒー!

オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、2005年より、ラオス南部にあるボラベン高原の小規模コーヒー生産者から、アジアでは特に希少な品種であるアラビカ種ティピカを輸入しています。小規模コーヒー生産者が運営するジャイ・コーヒー生産者協同組合(JCFC)と出会いました。幹部のウアンさん、カンプウさん、ノームさんたちは、「小規模生産者が主体の、小規模生産者のための、民主的な生産者協同組合」として、生産者協同組合の願っていました。ATJはその熱意に賛同して、協力を決めました。

もっと読む