Main Menu

人から人へ、手から手へ

コーヒー

ATJのコーヒー
コーヒー ATJ’s Coffee

[写真]コーヒー
コーヒーは国際相場商品です。経済のグローバル化、自由貿易の拡大の影響を受け、零細農民の産地では“農業”そのものを失う事態が深刻化しています。
私たちは、イギリスのフェアトレード(公正貿易)団体TWINをはじめ、国内海外のNGOと共同で、世界各地の生産者とともに、自立のためのコーヒーへ取り組んでいます。
生産、流通、消費に関わるみんなでつくり、味わうコーヒーです。

●個人で 購入希望の方はこちらまで

●店舗や卸業者等の方はこちらまで

63,477 views

最新情報

ラオスコーヒー、いかがですか? from ラオス(PtoP NEWS vol.31/2019.04 特集より)

2019年07月11日 コーヒー, ラオス コメントは受け付けていません。

ラオスコーヒー、いかがですか? from ラオス(PtoP NEWS vol.31/2019.04 特集より)

ラオスコーヒーの90%以上は、ラオス南部の主にチャンパサック県に広がるボラベン高原で生産されています。標高1000m以上の冷涼な気候とミネラル分豊富な火山灰土壌がコーヒー栽培に適しているようで、20世紀初頭にフランスによって持ち込まれました。 ATJが輸入しているコーヒーは、ジャイ・コーヒー生産者協同組合(JCFC)という組合のメンバーが育てたもの。コーヒー栽培はもちろんのこと、共同で自家焙煎店Jhai Cafeを運営し、自他ともに「ラオスで3本の指に入る」と認める、日本の喫茶店とも遜色のない美味しいコーヒーを地元民や観光客に提供しています。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.27/2018.08】特集:収穫シーズン真っ只中の、東ティモールに行ってきました。

2018年10月29日 コーヒー, 東ティモール コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.27/2018.08】特集:収穫シーズン真っ只中の、東ティモールに行ってきました。

今年の6月下旬、東ティモールではコーヒーの収穫真っ只中。産地に行くと、どこへ行ってもコーヒー豆が軒先で天日干しされている光景が広がります。そして、初めてその光景を見た私でもわかるほどに、オルター・トレード・ティモール(ATT)へ出荷される豆は丁寧に加工されていました。この機会に、簡単にコーヒー豆が届くまでをご紹介します。生産者たちの努力を、ぜひご覧ください。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.24 ここが知りたい!コーヒー】コーヒーの種類

2018年10月24日 コーヒー コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.24 ここが知りたい!コーヒー】コーヒーの種類

巷で売られているコーヒーには、「アラビカ100%」と表示された商品を多く目にします。アラビカは、コーヒーの中の品種の一つ。コーヒーの品種は、大きく分けて、アラビカ、ロブスタ(カネフォラ)、リベリカの3種類に分類され、主にアラビカとロブスタが流通しています。

もっと読む

ATJ商品を使ったレシピのご紹介

2018年07月25日 Featured, エコシュリンプ, オリーブオイル, ゲランドの塩, コーヒー, バランゴンバナナ, パプア, マスコバド, レシピ コメントは受け付けていません。

ATJ商品を使ったレシピのご紹介

現在、ATJのWEBでは、2つのレシピの特集を組んでいます。ATJの商品を愛用してくださる『きまぐれや』のシェフ、吉田友則氏によるおすすめレシピと、ATJの商品をこよなく愛する人ひとたちが、教えてくれたとっておきのレシピ、です。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.23/2018.02】女性たちがつくる未来への希望~ルワンダのコーヒー農園から~

2018年03月15日 コーヒー コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.23/2018.02】女性たちがつくる未来への希望~ルワンダのコーヒー農園から~

千の丘の国と呼ばれ、標高が高く、起伏がある土地を活かして高品質なコーヒーがつくられるルワンダ。ルワンダのコーヒー生産者協同組合KOPAKAMA(コパカマ)では、180名の女性たちが集まり、2010年に組合で購入した1.5ヘクタールの農園でコーヒーの栽培・加工を始めました。

もっと読む