Main Menu

人から人へ、手から手へ

カカオ

カカオ

カカオには、日本の私たちもパプアの人たちも知らない大きな価値が秘められています。カカオは甘いチョコレートになるだけでなく、実はポリフェノールが多く含まれ「神様の食べ物」と呼ばれるほど健康にもよく、食材や調味料としても注目されています。

一方、収穫したカカオの実を村で売るだけのカカオ生産者の中には、カカオからチョコレートができることさえ知らない人がたくさんいます。カカオを自らの手で加工し、パプア産カカオでつくった商品を消費者にダイレクトに届けたい。カカオで豊かな未来を自らの手で切り開いていこうという挑戦が始まりました。

パプアのカカオ事業は、2011年にはカカオ豆の買い付け、発酵・乾燥という一次加工の立ち上げをパプア州で開始。2012年にはカカオ事業に関わる皆の想いを受けて、パプア州から12.5トンの乾燥カカオ豆が出荷されました。パプアから出荷された乾燥カカオ豆は、インドネシア国内でチョコレートの原料であるカカオマスとカカオバターに加工され(二次加工)、日本で最終のチョコレート製品に加工されています。

“チョコラ デ パプア” オーレ&ビター

“チョコラ デ パプア” オーレ&ビター

インドネシア・パプア州の豊かな森で、自然と共生しているパプア先住民族が大切に育てたカカオを原料に使ったチョコレートは、“チョコラ デ パプア” シリーズとして、販売しています。チョコレートは、季節限定の取り扱いになります。パプアのカカオ生産者が、自然と共に生きながら自立していくことを応援するチョコレートです。

カカオから作る手づくりチョコレートキット

個人で購入希望の方はこちらまで

店舗や卸業者の方はこちらまで

 

 

カカオでつながったパプアの生産者と私たちが協力し、新しい価値を創り出していくプロセスにみなさんも是非ご参加ください。

なぜ、パプア? パプアはどんなところ?ページをぜひお読みください。

38,122 views

最新情報

【PtoP NEWS vol.5 ここが知りたい!チョコラ デ パプア】 カカオ豆のサイエンス

2017年07月20日 パプア コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.5 ここが知りたい!チョコラ デ パプア】 カカオ豆のサイエンス

チョコレートの美味しさの秘訣は原料となるカカオ豆をしっかりと発酵させること。カカオ豆の正体はカカオの果実の中にある種子です。この種には糖や炭水化物、タンパク質、油脂分、ミネラルなど栄養成分が豊富で、ポリフェノールもたっぷり。美味しいチョコレートになるためのサイエンスが始まっています。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.10/2017.01 縁の下の力持ち】ヨセフ・カラフィールさん(パプア/カカオキタ社)

2017年07月11日 パプア コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.10/2017.01 縁の下の力持ち】ヨセフ・カラフィールさん(パプア/カカオキタ社)

カカオキタ社のスタッフの一人、ヨセフさんは、カカオキタ社代表のデッキー・ルマロペンさんとは20年来の友人です。「デッキーの考えていることは良くわかる。自分はそれを現場で形にしたい」と、カカオキタ社の仲間入り。ヨセフさんの仕事は多岐にわたります。産地で豆を買付けるときは品質管理者として、そして貯蓄プログラムもヨセフさんの担当です。

もっと読む

【コラム:カカオキタ2】「カカオ・キタ」加工チーム結成

2017年06月22日 Featured, パプア コメントは受け付けていません。

【コラム:カカオキタ2】「カカオ・キタ」加工チーム結成

APLA機関誌『ハリーナ』に連載中の人気コラム、「kakao kita(カカオキタ)」ではカカオ産地の様子や生産者の横顔をお伝えしています。第2回は「カカオ・キタ」加工チーム結成」。地縁・血縁ではなく、あえて広告で求人しようとした意図は何でしょうか?

もっと読む

パプアからの便り Vol.01 発行/2017年5月17日

2017年05月23日 パプア, パプアからの便り コメントは受け付けていません。

パプアからの便り Vol.01          発行/2017年5月17日

2017年が穏やかに明けたパプアですが、カカオキタとブラップ村のカカオ生産者たちは、昨年12月のクリスマス前に約束したことがひとつありました。 それは、カカオを植えている森の手入れを生産者グループの共同作業として行うということでした。

もっと読む

【PtoP NEWS-vol.6 特集】パラダイス パプア

2017年05月17日 パプア コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS-vol.6 特集】パラダイス パプア

豊かな天然資源に恵まれたパプアの人びとは、グローバル化の波に巻き込まれてきました。そうした状況のなか、パプア先住民族の人びとが運営するNGO「パプア農村発展財団」(YPMD)は、4年前から先住民族のカカオ生産者と共に、カカオの買付・加工・販売をする民衆交易の取り組みを始めました。

もっと読む

【コラム:カカオキタ1】  カカオを媒介にして踏み出した一歩

2017年04月25日 Featured, パプア コメントは受け付けていません。

【コラム:カカオキタ1】  カカオを媒介にして踏み出した一歩

APLA機関誌『ハリーナ』に連載中のコラム、「kakao kita(カカオキタ)」ではカカオ産地の様子や生産者の横顔をお伝えしています。バックナンバーを順次紹介します。第1回は「カカオを媒介にして踏み出した一歩」。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ