Main Menu

人から人へ、手から手へ

カカオ

カカオ

カカオには、日本の私たちもパプアの人たちも知らない大きな価値が秘められています。カカオは甘いチョコレートになるだけでなく、実はポリフェノールが多く含まれ「神様の食べ物」と呼ばれるほど健康にもよく、食材や調味料としても注目されています。

一方、収穫したカカオの実を村で売るだけのカカオ生産者の中には、カカオからチョコレートができることさえ知らない人がたくさんいます。カカオを自らの手で加工し、パプア産カカオでつくった商品を消費者にダイレクトに届けたい。カカオで豊かな未来を自らの手で切り開いていこうという挑戦が始まりました。

パプアのカカオ事業は、2011年にはカカオ豆の買い付け、発酵・乾燥という一次加工の立ち上げをパプア州で開始。2012年にはカカオ事業に関わる皆の想いを受けて、パプア州から12.5トンの乾燥カカオ豆が出荷されました。パプアから出荷された乾燥カカオ豆は、インドネシア国内でチョコレートの原料であるカカオマスとカカオバターに加工され(二次加工)、日本で最終のチョコレート製品に加工されています。

“チョコラ デ パプア” オーレ&ビター

“チョコラ デ パプア” オーレ&ビター

インドネシア・パプア州の豊かな森で、自然と共生しているパプア先住民族が大切に育てたカカオを原料に使ったチョコレートは、“チョコラ デ パプア” シリーズとして、販売しています。チョコレートは、季節限定の取り扱いになります。パプアのカカオ生産者が、自然と共に生きながら自立していくことを応援するチョコレートです。

カカオから作る手づくりチョコレートキット

個人で購入希望の方はこちらまで

店舗や卸業者の方はこちらまで

 

 

カカオでつながったパプアの生産者と私たちが協力し、新しい価値を創り出していくプロセスにみなさんも是非ご参加ください。

なぜ、パプア? パプアはどんなところ?ページをぜひお読みください。

36,412 views

最新情報

デッキーさんの「民衆交易の家」物語

2017年03月30日 パプア コメントは受け付けていません。

デッキーさんの「民衆交易の家」物語

「カカオキタ:私たちのカカオ」の代表をしているデッキーです。“私たち”とは生産者と消費者のことで、同じ家のなかにいて、お互いに学び合います。生産者は消費者を思い、農薬や化学肥料を使わないカカオを作っています。消費者はATJを通して、このカカオはよいかどうかを生産者に伝えます。

もっと読む

チョコレートナイト2017、開催決定!

2016年12月21日 パプア コメントは受け付けていません。

チョコレートナイト2017、開催決定!

1夜限り!「愛のあるチョコレート」の深い魅力を、おいしく感じられるイベントのお知らせです。

もっと読む

【イベント案内】10月21日「パプアのカカオ・チョコレート」学習会

2016年10月13日 パプア コメントは受け付けていません。

【イベント案内】10月21日「パプアのカカオ・チョコレート」学習会

インドネシア・パプア州より、現地法人「わたしたちのカカオ」社代表デッキー・ルマロペンが来日します。この機会に、カカオが産地でどのように生産されているか、そのカカオからチョコレートがどのように製造されているか、また、カカオ生産者の暮らしや抱えている課題など現地のカカオ事業の取組みをご紹介する学習会を開催いたします。ぜひご参加ください。

もっと読む

お財布の底を縫い付けましょう!~カカオ生産者が貯金を始めました~

2015年12月9日 パプア コメントは受け付けていません。

お財布の底を縫い付けましょう!~カカオ生産者が貯金を始めました~

カカオキタの代表デッキーさんはカカオ事業をはじめる当初から、「パプア人は現金を手にしてもすぐに使って手元に残らない。これでは意味がない。カカオを売って得たお金の一部を貯金するプログラムを平行して行うことが大事だ」と言っていました。

もっと読む

【わたしたちのカカオ日記】「カカオキタに悪い豆は恥ずかしくて出せないよー。」~2015年収穫シーズン始まる~

2015年03月4日 Featured, パプア コメントは受け付けていません。

【わたしたちのカカオ日記】「カカオキタに悪い豆は恥ずかしくて出せないよー。」~2015年収穫シーズン始まる~

パプアでは2015年収穫シーズンに入りました。今日は、デムタ郡のカカオ産地への買い付け。生産者とのおしゃべりは、お互い心を通わせることを実感できる大切なプロセスです。

もっと読む

パプアの森のカカオの物語Vol.1

2014年11月12日 Featured, パプア コメントは受け付けていません。

パプアの森のカカオの物語Vol.1

インドネシア・パプア州ジャヤプラ県のグニェム地方は、オランダが1950年代にカカオ栽培を始めた地域で、現在でも主要なカカオ産地として知られています。ATJにカカオを送り出している産地のひとつクライスゥ村は、グニェム地方の中でも特にカカオ生産が盛んな村です。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ